トピックス一覧

画像をクリックすると拡大します。

祖霊や新仏供養、五穀豊穣願い勇壮に『ささら舞』

2012年8月21日(火曜日)

 8月15日、角館樺細工伝承館や立町ポケットパークなどでささら舞が行われ、「堂野口ささら」「広久内ささら」「白岩ささら」「白岩こどもささら」が勇壮な舞を披露しました。
 ささらは、佐竹家が常陸から秋田に国替えになった際に伝わり、400年以上の歴史を持つと云われています。現在は盆行事の一つとして祖霊や新仏供養、五穀豊穣を祈りスラ(舞うこと)れています。

学習資料館でインターンシップ

2012年8月14日(火曜日)

 8月7日から10日、角館高校の2年生13人が学習資料館でインターンシップ活動を行いました。
 「角高生のおすすめ」コーナーを設置し、おすすめの本とその理由と一緒に紹介しています。ぜひ、学習資料館にきたらこのコーナーにお立ち寄りください。1カ月ほど展示の予定です。
※写真は7日から8日に作業してくれた6人です。

中学生がクニマスを題材に環境学習を披露

2012年8月9日(木曜日)

 仙北市内中学校生徒5人(生保内中学校3年生3人・西明寺中学校2年生2人)が、市の「環境教育プログラム事業」の一環として8月3日〜5日まで、富士河口湖町を訪問。クニマスを通じ交流を深めました。
 生徒たちは、クニマスを通じ学んだ環境学習の成果を発表や、自然観察教室への参加など様々なプログラムで、富士河口湖町の風土や自然を体感しました。

第42回たざわこ湖・龍神まつり

2012年7月27日(金曜日)

 7月21日、田沢湖畔で「第42回たざわこ湖・龍神まつり」が開催されました。
 お祭りに先立ち、辰子姫生誕の地といわれる院内地区の辰子屋敷では「辰子を守る会」を中心に「辰子祭り」の神事が行われました。
 湖畔の特設お祭り広場では屋台が出店し賑わいを見せたほか、特設ステージで行われた「たざわ湖TAZKO音楽祭」ではバンド演奏や、田沢湖龍神太鼓が披露され会場を盛り上げました。
 夜、かがり火が焚かれた中で神事が厳かに行われた後、いよいよ双龍が湖畔白浜で演舞を披露。観客から歓声がわき起こりました。演舞終了後にはお祭りのクライマックス、花火が次々に打ち上げられ、訪れた皆さんを大いに楽しませました。

仙北市こころといのちを考える集い

2012年7月12日(木曜日)

 7月9日、仙北市こころといのちを考える集いが角館樺細工伝承館で行われ、約160人が参加しました。
 ヘルスケア・トレーナーの加藤俊朗氏が「こころおだやかに康らかなくらし」と題し、ストレスを貯めない暮らしのコツや呼吸法について講演しました。
 その後、傾聴ボランティア「えくぼの会」会員による絵本の朗読が行われ、健康といのちについて向き合う時間を過ごしました。

にしきのフラワーロード105 一斉植栽

2012年7月9日(月曜日)

 西木町の国道105号(西荒井から堂村までの区間約4.6キロメートル)で、ドライバーなどに親しまれているフラワーロードの一斉植栽が、7月1日に行われました。
 植栽には、地域住民や西明寺中学生など約400人が参加し、黄色とオレンジ色のマリーゴールドの苗約5万株を丁寧に植えていきました。
 西木町では平成13年に、7月の第1日曜日を「花の日」に制定し、毎年一斉植栽を実施してきました。マリーゴールドの花は10月下旬まで楽しめます。

今年はクニマス田んぼアート

2012年6月27日(水曜日)

 今年も田んぼアートに挑戦したのは小松・東前郷地区環境保全協議会(伊藤裕明会長)のチーム田んぼアートの皆さん。今回の制作する図柄は「クニマス」です。
 6月6日、秋田内陸線沿いの田んぼ(田沢湖小松:20アール)には地域の皆さんが集合し、使用する苗の種類や植える場所について説明を受けた後、早速作業に取りかかりました。
 これからどんなクニマスが見られるのか、とても楽しみです。

市営大覚野牧場で黒毛和牛の入牧

2012年6月21日(木曜日)

 西木町上桧木内地区の市営大覚野牧場(176?)で、5月末から入牧作業が始まっています。
 好天の影響で牧草の生育も平年並みとなった牧場に放たれた牛は、早速、草地を駆け回り、美味しそうに草をはんでいました。
 放牧は10月下旬までの約5ヶ月間行われ、係員が午前と午後の2回、健康確認を行います。期間中約150頭ほどの牛が成長を見守られ育っていきます。

秋田駒ケ岳山開き

2012年6月13日(水曜日)

 6月1日、秋田駒ケ岳の山開きが行われ、地元山岳会の会員や関係者約120人が駒ケ岳八合目山小屋前で今シーズンの安全を祈願しました。
 山開き式典後に行われた記念登山では、国見温泉から入山した雫石町関係者約60人と駒ケ岳(男岳)山頂で合流し、山頂交歓会を行いました。

クニマス里帰りの役に立てれば

2012年6月8日(金曜日)

 5月25日、角館町で古美術店を営む佐藤勇三さん(横手市)が、クニマスを写した絵はがきを市に寄贈しました。
 この絵はがきは自宅で書類を整理している際に偶然見つけたもので、佐藤さんは「ふるさと田沢湖にクニマスが戻ることを期待している。そのための役に立てればうれしい」と話しました。
 今後、この絵はがきは田沢湖郷土史料館で一般公開する予定です。

バックナンバーはこちら

    [ 422件中 161〜170件目] 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
  21. 21
  22. 22
  23. 23
  24. 24
  25. 25
  26. 26
  27. 27
  28. 28
  29. 29
  30. 30
  31. 31
  32. 32
  33. 33
  34. 34
  35. 35
  36. 36
  37. 37
  38. 38
  39. 39
  40. 40
  41. 41
  42. 42
  43. 43