防災

警戒レベルを用いた防災情報伝達について

西日本を中心に広い範囲で大きな被害が発生した豪雨災害「平成30年7月豪雨」を教訓に、国で避難勧告等に関するガイドラインの改訂が行われました。これを受け、避難情報・災害情報は「警戒レベル」を付して発令されるようになります。

令和元年に発生した台風第19号等を踏まえ、避難情報及び広域避難等に関するサブワーキンググループからの提言が令和2年12月にとりまとめられ、これに伴い災害対策基本法が令和3年に改正されました。この改正を受け、5段階の警戒レベルが変更となり、5月20日施行されました。

5段階の警戒レベルについて

5段階の警戒レベル

警戒レベルを用いた防災情報伝達に関するリンク

防災情報

火山

消防・救急

豪雨災害情報

関連リンク