大人の風しん予防接種助成事業

大人の風しん予防の必要性

抗体を持たないまたは低い抗体価の妊娠中の女性が妊娠20週頃までに風しんにかかると、赤ちゃんの耳が聞こえにくくなる、心臓に奇形が生じる、目が見えにくくなるなどの障がい(先天性風しん症候群)が現れる可能性があります。

女性は、感染予防に必要な免疫を妊娠前に獲得しておくことが重要です。

妊娠中の女性は予防接種が受けられないため、抗体を持たないまたは抗体価の低い妊娠中の女性が周りにいる方は、風しんを発症しないように予防に努めてください。

大人の風しん予防接種助成事業

仙北市では、先天性風しん症候群の発生予防を目的とした風しん予防接種費用を全額助成します。助成を行っているこの機会にぜひ予防接種を受けてくださるようお願いします。

助成対象者

仙北市に住所登録されている、風しん抗体価を持たないまたは風しん抗体価の低い方で次の1,2に該当する方
1. 妊娠を希望する女性
2. 抗体価の低い妊婦のパートナー(配偶者またはそれに準ずる方)
※妊娠中または妊娠している可能性のある方は接種することができません。

助成金額

接種費用の全額

対象となるワクチン

・麻しん風しん混合(MR)ワクチン
・風しん単抗原ワクチン

助成期間

令和5年4月1日~令和6年3月31日

接種までの流れ

1.「チェックシート(PDF:194KB)」で助成対象となるか確認する。

2.対象となる場合は必要書類をそろえ角館庁舎の保健課窓口で申請する。

【必要書類】
抗体価の低い妊娠を希望する女性
・風しんの抗体価が低いことがわかるもの(妊婦健康診査結果や医療機関での検査結果など)

抗体価の低い妊婦のパートナー(配偶者またはそれに準ずる方)
・妊婦の風しん抗体価が低いことがわかるもの(生まれてくる子どもの母子健康手帳など)
・パートナー本人の風しん抗体価が低いことがわかるもの(医療機関での検査結果など)

3.協力医療機関へ予約する

注意事項

予防接種後2か月間は妊娠を避けることが必要です。

その他風しんに関する助成事業

妊娠を予定している女性等に対する『風しん抗体検査費用の助成』について(秋田県公式サイト)
風しん抗体検査と風しんの予防接種(昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性)

大人の風しん予防接種助成事業に関するお問い合わせ

仙北市市民福祉部保健課

  • 〒014-0392 秋田県仙北市角館町中菅沢81番地8
  • 電話:0187-43-2252