かたくり群生の郷開園

由来

カタクリは地元では「カタッコ」「カタンコ」と呼ばれるユリ科の多年草。特産の西明寺栗を栽培する栗林に自生しており、その規模は20ヘクタール(東京ドーム4.2個分)にも及びます。
これほどまでに群生した理由としては、栗の木の剪定や間伐により日当たりが良くなり、また徹底した肥培管理で堆肥が群生に適した栄養分になっているためと思われます。カタクリが発芽してから開花するまでには約8年かかり、また種子はアリによって運ばれます。

かたくり群生地

4月中旬から5月上旬にかけて「八津・鎌足 かたくり群生の郷」が開園されます。

開花日一覧

平成31年八津・鎌足 かたくり群生の郷情報

お問い合わせ

場所

  • 西木町小山田字八津・鎌足

問合せ先

開催日

  • 角館駅より秋田内陸線を利用、八津駅にて下車、徒歩5分。