水沢第2砂防堰堤ボルダリングウォール

水沢第2砂防堰堤にボルダリングウォールが完成しました。
令和4年度は、5月21日(土)〜11月15日(火)(予定)の間、利用できます。

水沢第2砂防堰堤ボルダリングウォールの特徴について

  • 湯沢河川国道事務所で設置した砂防堰堤の壁面を利用し、仙北市で設置したボルダリングウォールです。
  • ホールドは自然石で、一般的な垂直に上るタイプではなく、横方向に横断(トラバース)するコースとしているのが特徴です。
  • 横方向の延長は約30メートルで、初級・中級・上級とスタートからゴールに向けて徐々に難しい設定としています。
  • 足をかけるホールドは高くても50センチメートル程度で、地面には細砂利のクッションを敷き詰めているため、落下しても自分の足で安全に着地可能です。
  • 特別な道具は不要ですが、専用のシューズやチョーク(炭マに限ります)などがあれば、より本格的なトレーニングが可能です。
  • ルートセッターは、IFSC国際公認ルートセッターの東秀磯氏です。
水沢第二砂防堰堤ボルダリングウォール

利用について

  • 料金は無料です。
  • 看板記載の注意点等をよく読み、自己責任で遊ぶようにお願いします。
  • 擦り傷などに備え、簡単な救急セットを持っておくと安心です。
  • 同行者以外が一緒の場合、譲り合いの上、感染症対策もお願いします。

駐車場について

  • 駐車場はボルダリングウォール付近に駐めることが可能です。ただし混雑時はスキー場駐車場に駐めて歩いてください。
  • スキー場駐車場からボルダリングウォールまで上がる道は、一方通行です。利用後はぎんれいハウス・かもしかハウスを経由し、田沢湖高原方面よりお帰りください。

予約等について

  • 一般利用は特に予約等の必要はなく自由に使用が可能です。
  • 学校などの団体利用は、あらかじめ問合せで貸切利用が可能です。貸切利用の問合せは、田沢湖スポーツセンターにお願いします。

注意点

  • 参加する方は動きやすい格好でお越しください。
  • コロナ対策として、マスク着用をお願いします。
  • ボルダリングシューズでなくてもOKです。
  • チョークの使用を禁止します。午後以降はチョーク(炭マのみ)OKとしますが、使用後はブラシ等で落とすようお願いします。
  • たざわ湖スキー場の駐車場に駐車し、ボルダリングウォールまで徒歩でお越しください。徒歩5分ほどです。
  • ボルダリングのほか、砂防ダム見学会や砂防事業パネルの展示、SABOカードプレゼントなどもあります。
水沢第二砂防堰堤ボルダリングウォール

リンク・ダウンロード

  • 田沢湖スポーツセンター
  • 秋田駒ヶ岳山系砂防出張所
  • 湯沢河川国道事務所
  • 記者発表資料(PDF:1.66MB)
  • チラシ(PDF:810KB)
  • お問い合わせ

    • ボルダリング関係 仙北市観光文化スポーツ部観光課(電話:0187-43-3352)
    • 団体予約関係 田沢湖スポーツセンター(電話:0187-46-2001)
    • 砂防ダム事業関係 国土交通省東北地方整備局湯沢河川国道事務所(電話:0183-73-3174) 砂防工事関係 秋田駒ヶ岳山系砂防出張所(電話:0187-46-2681)