特例郵便等投票制度

新型コロナウイルス感染症により療養されている方が郵便で投票できるようになりました。

対象となる方

(1)~(3)すべてに該当する方です。

(1)仙北市で選挙に投票できる方
(2)新型コロナウイルス感染症により「宿泊療養」又は「自宅療養」している方
(3)投票用紙の請求時点で、外出自粛要請等の期間が選挙期日の告示(又は公示)日翌日から
   選挙当日に重なると見込まれる方

  ※(3)の期間は、次回の選挙が近くなったら掲載予定です。

(※濃厚接触者、接触者の方は対象ではありません。投票所で投票することができます。お越しの際はマスクの着用や手指消毒など、感染拡大防止対策徹底のご協力をお願いいたします)

特例郵便等投票の流れ

選挙期日4日前までに投票用紙等を請求し、郵送でのやりとりで投票を行います。
手続きに日数を要しますので、本制度による投票を希望する場合は、早めにご連絡ください。

  1. 特例郵便投票を希望される方は、仙北市選挙管理委員会までご連絡ください。指定の療養場所まで、『請求書一式』が郵送されます。
  2. 療養者ご本人は選挙管理委員会から届いた「請求書」に、手指消毒し手袋を着用の上で必要事項を記入し、「外出自粛要請等の書面(保健所からの文書)」とともに返信用封筒に封入し、あわせて送付されたチャック付ポリ袋に入れて、代理人(協力者・親族の方等)にお渡しください。
  3. 代理人の方は、チャック付ポリ袋の表面を消毒し、最寄りのポストに投函してください。
  4. 請求内容に問題がなければ、選挙管理委員会から療養者ご本人宛に『投票用紙一式』が郵送されます。この時、配達は非対面配達限定(直接相対せず、郵便受け等に配達)となりますのでご注意ください。
  5. 療養者ご本人は選挙管理委員会から届いた投票用紙に、手指消毒し手袋を着用の上で候補者名を記載し、記入済み投票用紙を内封筒にいれ、さらに外封筒に入れて封をしてください。その後、外封筒の表面に、記入した年月日と場所を書き、ご自身で署名してください。
    署名した外封筒は、あわせて選挙管理委員会から送付された返信用封筒に封入し、同じくあわせて送付されたチャック付ポリ袋に入れて、代理人の方にお渡しください。
  6. 代理人の方は、チャック付ポリ袋の表面を消毒し、最寄りのポストに投函してください。

請求書及び投票用紙等の送付にあたってのお願い

  1. 当該制度を利用する投票用紙請求書は、当ページに掲載予定の様式をプリントアウトして入手することもできます。こちらを利用して送付される際は、「外出自粛要請等の書面(保健所からの文書)」とともに私製封筒に入れたあと、当ページ掲載の宛名表示を貼付け、ご自宅にあるファスナー付透明ケース等に密閉し、郵送してください。
  2. 郵送時には、表面を消毒してくださいますようご協力ください。必ずポスト投函にて発送願います。
  3. 療養者本人ももとより、代理人の方も、作業前後には手洗い・アルコール消毒・マスクや手袋着用など感染防止対策を徹底してください。

罰則

特例郵便等投票の手続きにおいては、公正確保のため、他人の投票に対する干渉や、なりすまし等詐偽の方法による投票について、公職選挙法上の罰則が設けられています。

参考資料

投票用紙等の請求様式

※準備中です

不明な点や詳しいことは選挙管理委員会事務局までお問い合わせください。

特例郵便等投票制度に関するお問い合わせ

仙北市選挙管理委員会事務局

  • 〒014-1298 秋田県仙北市田沢湖生保内字宮ノ後30
  • 電話:0187-43-1150