犬の登録と狂犬病予防注射

未登録犬、未注射犬、鑑札や注射済票の未装着犬は、捕獲・抑留の対象となります。また、飼い犬を登録していない所有者や飼い犬に予防注射を受けさせていない所有者、飼い犬に鑑札や注射済票を装着していない所有者は20万円以下の罰金の対象となります。

犬の登録(生涯1回)

生後91日以上の犬を飼っている方は、1匹ごとに登録することが法律で義務づけられています。一度登録すると生涯有効です。

犬イメージ
  • 手続きができる場所
    市民生活課(角館庁舎)、田沢湖地域センター、西木地域センター、集合注射会場、市内動物病院、大仙市動物病院
  • 登録手数料:1匹3,000円(生涯1回)

登録した事項が変わった場合

  • 犬が死亡した場合
    「死亡届」の提出が必要です。登録時にお渡しした「鑑札」をお返しいただくことになります。
  • 住所や飼い主が変わった場合
    「変更届」の提出が必要です。なお市外からの移動の場合は、前住所で交付された「鑑札」を仙北市へ提出し、新しい鑑札と交換することになります。
  • 手続きができる場所
    市民生活課(角館庁舎)、田沢湖地域センター、西木地域センター

狂犬病予防注射(年1回)

狂犬病予防注射は法律で定められた義務です。市で年1回行う集団注射を利用するか、個別に動物病院で必ず受けてください。動物病院で注射をする場合は、登録犬であることを証明するため、鑑札か市役所からのはがき(集合注射のお知らせ)のどちらかをお持ちください。

なお、注射後に番号が刻まれた「注射済票」の交付を受けないと、愛犬の登録台帳に注射の記録が記載されません。注射済の記録は、国内に狂犬病が発生した場合の緊急対策の基となりますので、必ず交付を受けてください。

  • 注射済票の交付手続きができる場所
    市民生活課(角館庁舎)、田沢湖地域センター、西木地域センター、集合注射会場、市内動物病院、大仙市動物病院
  • 犬注射済票交付手数料:1匹あたり550円

登録手続き・注射済票の交付手続きができる動物病院

ご近所トラブルにならないために

動物が苦手な方は少なくありません。ルールやマナーを守りましょう。

  • 犬の放し飼いは絶対ダメ!

    犬の放し飼いは、「動物の愛護及び管理に関する法律」によって禁止されています。飼っている動物が逃げたり迷子になったりすると、その動物や周りの人が危険にさらされるだけでなく、農作物へも悪影響を及ぼすことがあります。

  • 飼い犬のふんやおしっこは飼い主の責任で後始末を!

    散歩の時は、ふんの持ち帰りに使うビニール袋と、おしっこを流すための水を入れたペットボトルなどを用意しましょう。散歩中にふんをさせたときは必ず家に持ち帰って処理しましょう。おしっこをさせる場所は、子供たちの遊び場や、他人の塀などはさけるようにし、させたときは水で洗い流すなどしましょう。ふんやおしっこをできるだけ自宅で済ませるようにしつけをすると、雨の日など散歩ができない日でもトイレをさせることができます。

犬・猫の引き取り

 「動物の愛護及び管理に関する法律」では、動物の飼い主はできる限りその動物が命を終えるまで適切に飼養すること(終生飼養)が明文化されています。

やむを得ず飼えなくなった場合には、保健所での引き取りを行っていますが、保健所は引き取りを求められたときに相当の理由がない場合、引き取りを拒否できます。

新しい飼い主を探すのも、飼い主の責任です。どうしても引き取りを希望される場合は、必ず事前に大仙保健所 環境指導課(電話:0187-63-3694)へご相談ください。

なお、保健所や市役所が所有者のお宅へ引き取りには伺いません。必ず飼い主やそのご家族の方などが保健所まで連れて行き、飼えなくなった理由等を届け出ることになります。また、生後91日以上の犬で未登録の場合は引き取り対象外です。

  • 引取手数料

    生後91日以上の犬または猫の場合:1頭または1匹につき 2,000円

    生後90日以内の犬または猫の場合:10頭または10匹につき 2,000円

犬の登録と狂犬病予防注射に関するお問い合わせ

仙北市市民福祉部市民生活課

  • 〒014-0392 秋田県仙北市角館町東勝楽丁19
  • 電話:0187-43-3313