「小さな国際文化都市」〜市民が創る誇りあるまち〜を目指して
SEMBOKU CITY Official Site
仙北市トップページ > 行政情報トップページ > 市民満足度カウンター

市民満足度カウンター

平成22年度施政方針 で掲げたマニフェスト「明日を創る8つの約束」の40のアクションプランについて、市民の皆様の満足度で評価してください。


市民満足度カウンターTOPへ戻る
次の「約束2」を評価する

 

 

COOKIEが無効なため、評価できません。
ブラウザの設定でCOOKIEを有効にしてから、再度アクセスしてください。

これまでのみんなの評価(約束1)

 

  • 25
  • 7
  • 3
  • 3
  • 9

「約束1」の小計
評価数:全47 件 [集計期間:2012年4月1日〜10月13日]

 

評価のコメント(約束1)

 

[とても満足]と評価した方のご意見
飾り物じゃない市長さんは宝です。
もっと、大胆でもいいかと。

2015年4月16日


市長から
 激励のメールをありがとうございます。もがきながら毎日の職務に精一杯あたっているつもりです。でもそれは、それぞれ仕事をしている皆さんも同様です。皆さんこそが、仙北市を前進させる力です。
 大胆にとのご提言ですが、様々な案件が積み重なって同時進行の状況で、なかなか思うように進みません。でもそれも、皆さんと一緒でしょうか。


[やや満足]と評価した方のご意見
やや不満の理由は、週末は他市のプールに行き、行った先で金を落とし、地元に落ちないことの寂しさを感じているからです。

総務省東北総合通信局主催の「デジタルコンテンツセミナー2015 in 秋田」に参加しました。
放送コンテンツやインターネットに流されているなーと思いましたが、一番驚きましたのは、
東日本大震災の影響が今なお(東北の)観光業界に大きなダメージを与えていることでした。

少子高齢化に関しては、世界の中でも、日本の中でも、秋田県の中でも先進的な問題に取り組んでいると思います。
出生率が低い。転出が多い。転入が少ない。高齢化が進む。
このままでは、2040年には今の半分程度の人口になる可能\性があり、角館の祭りが人不足で出来なくなる。

仙北市から転出された方も、これから転出される方も、全員「ふるさと納税」で仙北市に寄付いただければ良いですね。
寄付のお返しに「指定する丁内に寄付か、指定丁内のハンテンをプレゼント」。
故郷を失っても良いと思う方は少ないと思います。転出しても、お祭りのときは戻ってきて、曳山について。
とお願いをすることで、伝統文化も守ることができ、税収も増やすことができ、故郷を守ることができるのではないかと考えました。

2015年2月6日


市長から
 お手紙をありがとうございます。返信が遅くなって申し訳ありませんでした。ふるさと納税については、従前の仕組みを大きく改め、平成27年度から「ふるさと納税ふるさと便事業」を始めることにしました。議会から予算をお認めいただいた後、速やかに準備にかかり、6月か7月には新事業として全国の皆様からご指名をいただけるよう、民間事業者とも連携しながらシステムを整えたいと思います。
 なお、ご寄付いただく金額にもよりますが、ご返礼の物品は現在情報集積中です。ご提案いただいたお祭りのハンテンは思いつきませんでした。さっそく担当者に伝えました。実現したいものですね。


[とても不満]と評価した方のご意見
このエンジンは完全にブローアップしています。載せ替えを行わなければ始動は不可能\です。

2014年11月13日


市長から
 お手紙をありがとうございます。お恥ずかしい限りですが、ブローアップをどう解釈するか調べました。「爆発する」「引き延ばす」「膨らます」で良いでしょうか。仮に「爆発する」の意であれば、自分も余り違和感がありません。回転数を上げ過ぎて、まさに「爆発状況」のような気がしています。「膨らます」も爆発の直前のような感じがします。「引き延ばす」は、違うと感じます。課題を先送りしない主義ですし、まちづくりの種を膨らますのであれば、肯定したご意見になります。でも、とても不満とありますし、載せ替えなければ始動しないとのご指摘ですから…。

 まだまだ未熟で不完全です。でも懸命に市を前進させたい思いで職務に当たっています。お気付きのことなど、具体的な内容でお知らせ下さい。


[やや不満]と評価した方のご意見
形式的な検証委員会などが多く感じられ、空回り感を覚える。

2014年8月23日


市長から
 お手紙をありがとうございます。以前であればそのように感じられる場面が、私にも経験ありました。でも最近は本当に違ってきています。そもそも委員の皆さんのモチベーションは相当高いと思います。これは公募委員を優先している仕組みが功を奏していると受け止めています。そんな委員が委員会にいることで、議論は活性化しています。

 議事録も公開していますので、時間があるときにでも、読んでみてください。


[とても不満]と評価した方のご意見
引っ越してきて9ヵ月経ちます。
大変失礼な言い方かもしれませんが、町にビジョンなんてあるの?活気が全くない、という印象です。エンジンちゃんとかかってますか?

2014年8月22日


市長から
 お手紙をありがとうございます。ビジョンがあるのか、活気がない、エンジンかかっているか…、厳しいご指摘です。こんな風なまちづくりを進めたいとか、今こんなことに挑戦していますとか、情報のやり取りが上手くできていないことも原因ですが、正直なところ、余りに積み残してきた案件が多く、エネルギーは前方に向かってと言う場面よりも、後方整理が多かったことで、そのようなイメージとなっていることもあると思います。

 町はみんなでつくるものです。どうか今後も意見、そして行動をする市民になっていただきますようお願いします。


[とても満足]と評価した方のご意見
行動力が有り、迅速な対応が良い。
職員は付いて行ってほしい。

2014年3月27日


市長から
 お手紙をありがとうございます。書き込みの基本システムにエラーがあって、お返事が遅れたことをお詫びします。

 市民が望むもの、自分が目指しているものを、職員に示す“伝え方”みたいなものが最近少しわかってきました。反省としては、「自分も以前は役所にいたから、職員の気持ちは分かるし、自分からのメッセージは、言葉にしなくても伝わっているはず」は、大きな間違いでした。時間経緯も役職も違い、選挙という民主主義を守る洗礼を受けた以上、以前の同職意識に甘えることは、市民にとっては不幸です。

 明確な指示を出す、判断を下す(そのための情報を要求する)など、組織力の強化を続けます。


[とても不満]と評価した方のご意見
自分だけが頑張っていると誤解している。
人の意見を聞かない。
事業がすべて失敗している。

2014年3月18日


市長から
 お手紙をありがとうございます。書き込みシステムのエラーがあって、お返事が遅れたことをお詫びします。

 それと、ご指摘にもっと具体的な点をあげていただければ有り難いのですが…。私の態度や対応が、皆様にとって不幸または不快であれば、正せるものについては正そうと思います。「人の意見を聞かない」は、政策上の意見の相違なのか、それとも何に対しても聞く耳を持たないと判断されてしまっているのか、「事業がすべて失敗している」の事業とは何を指したものなのか、具体的なご指摘をお願いします。


[とても不満]と評価した方のご意見
わりとなにもできない。

2013年12月27日


市長から
 お手紙をありがとうございます。そして先ず深くお詫びを申し上げます。この満足度カウンターに障害が起こり、投稿を認識できていないことが最近になって分かりました。本当にご免なさい。常にシステムの動作状況を確認するよう改善策を講じます。

 「期待感が裏切られた」との投稿と受け止めます。自分が認識していた以上に根っこが深かった事案や、実力が追いつかない課題など色々ですが、泣き言を言わずに前に進むしかないと思っています。ご期待に添えるよう、取り組みなど実践力を高める努力を傾注します。お気づきのこと、指摘事項など、お知らせください。


[とても不満]と評価した方のご意見
思ったよりもなにもけんせつてきな

2013年12月27日


市長から
 お手紙をありがとうございます。そして深くお詫びを申し上げます。この満足度カウンターに障害が起こり、投稿を認識できていないことが最近になって分かりました。本当にご免なさい。常にシステムの動作状況を確認するよう改善策を講じます。

 さて書き込みが途中だったので、どのようなことかと想像してみました。「思ったよりも何も建設的な行動がない」とご指摘をしたかったのではないかと受け止めています。物足りない、将来に期待を持てる市政になっていない、そう感じている方々からも、「よい政策だった」、「実現して嬉しい」と評価をいただけるよう、とにかく挫けずに頑張ります。ご指導をお願いします。


[とても満足]と評価した方のご意見
西木町小山田字八津の赤倉準平と申\します。
現在東京でインターネットを使ったビジネスを勉強しています。

皆様の意見読ませていただきました。
まず、評価が少ないですね。
この21世紀の時代に仙北市民はまだまだインターネットの使い方がわかっていないと思いました。

皆様からの疑問点、問題点を解決するいくつかの方法をここに書きます。

@市長さんの意見の中にテレビ局をもつというものがありましたが、
すごくお金がかかりそうですね。
市民全員に話を広く公開したいのであれば、ニコニコ動画などの配信サービスを使うことで解決できると思いました。
お金をかけなくても安価でできます。

もうひとつ、組み合わせる方法としてメルマガの発行がいいと思います。
インターネットの普及していなくても、一人一台携帯くらいは持っていると思います。
なので、毎日一通、日刊で発行すれば市長さん考えが市民全体に広がるかなと思いました。


A職員の意識、市民の意識に難があるという問題がありました。
東京と違い、仙北市の田舎だと人の出入りも少なくて、情報が滞ってしまっていると思います。
そのためには、もっと観光客を増やすとか、移住者を増やすのが大切なんだと思いました。
あとは公務員というぬるま湯を廃止するとか(ちょっと過激でした。)

そのためには、革新的な政策やマーケティングが必要だと思います。

ちょっと情報不足で何をどう変えたらいいのか、具体的にはわかりませんが、
わたしには問題を解決できる自信があります。


長くなり申\し訳ありませんでした。
また、コメントさせていただきます。

赤倉準平

2013年12月25日


市長から
 赤倉準平様、お手紙をありがとうございます。そして深くお詫びを申し上げます。実はこの満足度カウンターに障害が起こり、投稿を認識できていないことが最近になってやっと分かったような具合です。本当に申し訳なく思います。常にシステムの動作状況を確認するよう改善策を講じます。

 さて約束1についての貴重なご意見をいただいた思いです。ご指摘にあるようにテレビ局の構想をあたためています。もちろんこれまでのようなテレビ局ではなく、お話にあるようなインターネットニュースや、地上波テレビのホワイトスペース利用システムなどです。一方で仙北市内では既に民間グループがインターネット番組「えすなび」(毎週日曜日の夜8時〜)の放送が始まっています。こちらも多くのファンがいて可能性を感じています。

 携帯電話活用では、現在のところは防災情報を中心に「安全安心メール」を運用していますが、これを基本に発展させると、意外と簡単にメルマガの発信ができるかな、そんなことに気がつきました。着信者がメール料をお支払いする仕組みだったかなと、気になる部分もありますので、情報の収集をしたいと思います。

 職員の意識改革だけではなく、市民の意識改革が必要とのご指摘、心に刻みます。


[とても満足]と評価した方のご意見
元市民です。市長の姿勢が、元気を与えてくれます。

2013年12月5日


市長から
 お手紙をありがとうございます。実はこのお手紙は、昨年の12月にいただいたものでした。書き込みシステムのエラーで、この春までメールの復元ができなかったことを先ずお詫びします。

 遅くなってのお返事で恐縮です。また声援をいただき心から感謝を申し上げます。どうかお見守りをお願いします。ご指摘、ご提案をお待ちします。


[とても満足]と評価した方のご意見
この大変な景気に仙北市を引っ張って行ける人は門脇市長しか、いません、からだにきおつけて頑張って下さい。プールもよろしくお願い致します。

2013年9月30日


市長から
 お手紙をありがとうございます。先ず深くお詫びを申し上げます。この満足度カウンターに障害が起こり、投稿を認識できていないことが最近になって分かりました。本当にご免なさい。常にシステムの動作状況を確認するよう改善策を講じます。

 激励の言葉に有り難く、さらに頑張らなければという闘志が湧いてきます。またプールの再開に至る道筋を、この26年度予算で盛り込めなかったことをお詫び申し上げます。常に挑み続けるしかありません。


[とても不満]と評価した方のご意見
自己満足のみ

2013年9月17日


市長から
 お手紙をありがとうございます。「自己満足のみ」との書き込みですが、自分自身も満足できていない現状です。もし満足しているように見えるのでしたら、それは将来に向けて、くじけてはいられないと言う、自身の覚悟です。どうかご承知おきをいただければと思います。


[やや不満]と評価した方のご意見
フットワークの軽さは若い市長ならではの利点で評価するが、行政組織をしっかりコントロールできていないかな?という不安あり。

2013年8月7日


市長から
 お手紙をありがとうございます。またご返事が遅れたこと、誠に申し訳ありません。行政組織をしっかりとコントロールできていないのではないか、確かにしっかりとコントロールがなされていれば起こらない事案や、予想しなかったご指摘などが現実としてありますから、ご意見に100パーセント「できています」と言い切ることはできません。

 行政は大変に広範な業務を行っていて、全てに精通することは物理的に困難です。そのために組織は存在し、各役職に応じた責任を果たしています。行政実務は法律に基づいた行為ですが、行為に携わるのは人間ですから、今回の「組織をコントロールできていない」の不安要素は、人・職員の掌握を指したものと受け止めています。

 組織は人なり、です。自分も人で、各セクションの担当者との共通目標とか、心に共鳴する感動とか、そんなつながりをもっと強化しないと解決できないご指摘です。さらに努力します。お気づきのことなど、ご指摘をお願いします。


[とても不満]と評価した方のご意見
何をしたいのかビジョンが見えない。どうでもよいことに顔を出しすぎ。市町でなくても良いことに顔を出さないでください。

2013年5月29日


市長から
 お早うございます。お手紙をありがとうございます。ビジョンが見えないとのご指摘です。これは市政公約で数値目標をあげて皆様に公開しています。全国的に見れば希な手法ですが、できる限り自分の頭の中にあるイメージを皆様に伝えするには、数値化する他ありませんでした。その結果、検証もし易く、提示一部は達成できましたが、できていないことも項目などは、はっきりとしています。それよりも、例えば「○○を目指して〜」とか、「キラリと光る○○都市〜」のようなキャッチフレーズが必要というご指摘もあります。

 それと、市長でなくても良いこと、どうでも良いことに顔をだすなとのご意見でしたが、申し訳ありません。どの会合のことかお知らせください。


[やや不満]と評価した方のご意見
「満足な点」として、市民の意見を聞く姿勢は評価するものである。
「不満な点」は、どのような市民を対象とし、その話を広く公開できないのか・・
つまり、なにをしているのかわからないことである。 

2013年2月25日


市長から
 お手紙をありがとうございます。自分も職員も、同じ悩みに陥っています。広く市民の皆さんの思いを受け止めたい、これは一貫した姿勢で評価をいただきありがたく思っています。後段の件は深刻です。

 広報せんぼくが充実度を増しているのはお感じになっていることと思います(余談ですが、広報仙北、全国の広報コンクールに県代表として出品されます)。地域で開催する「まちづくり懇談会」(この口伝えが最も重要だと思っています)、市の公式ホームページや自分の個人ブログ(これらはインターネット環境がないと無意味になります)…、どのような手法だと効果が高まるのか、市民の皆さんに取り組んでいる事柄が伝わるのか、悩み、悔しい思いをいつもしています。

 市独自でテレビ局が持てないか、その研究には既に着手しています。デジタル化で余裕が出た帯を活用しての自治体テレビです。もう少し研究の時間をいただいて判断します。


[とても不満]と評価した方のご意見
みんなを乗せて走っているとは、とても思えない。オタク暴\走族?

2013年2月20日


市長から
 お返事が遅れて済みません。内容が抽象的ですのでお答えに窮します。ただ「みんなを乗せて走っているとは思えない」との表現には、独りで走っている・特定市民を乗せている…、などでしょうか。済みません、もう少し具体的にお知らせください。


[とても不満]と評価した方のご意見
エンジンになってどういう街をつくるのか見えない

2012年11月19日


市長から
 お手紙をありがとうございます。どんな街をつくりたいのか見えないとのご指摘に反省をしています。自分が皆さんに提示させていただいた公約は、インターネットでもご覧になれますが、常に言葉にして発信しないといけないことを再認識しました。初心を口にすることが大切だと言うことを、何かの本で読んだことがあります。ありがとうございました。

 市政公約の「現状と課題解決に向けて」に、“多彩な経済活動を産み支え、子供たちの夢が叶う、高齢者の笑顔が溢れる、そんな仙北市をつくりましょう”…、こんな風に市民の皆さんに呼びかけています。言葉では簡単ですが、これらを実現するには地域内の自治意識を高め、文化力を増強しながら産業の高度化を進めたり、子育てや教育を根本から見直したり、医療や福祉の質の向上を促進するために、医師確保や福祉施設の増設やマンパワーの育成などなど、多くの取り組みが必要です。

 どうか、その一つ一つに市民の皆さんのご協力をお願いします。


[やや不満]と評価した方のご意見
経済が活性化していないのは仙北市だけではないが、あまりにも活気がなさすぎる。
すばらしい観光資源が生かされていない。人もの金を掛けてでも地元に金が落ちる仕組みに投資してほしい。
再生可能\エネルギー等はどうなったのか?

2012年11月14日


市長から
 お手紙をありがとうございます。活気がないとのご指摘ですが、市民の皆さんは頑張っている方々がたくさんおいでです。市内の必ずどこかしらで事業や活動があり、日常生活に変化を添えてくれています。観光を言えば、このシーズンに観光客が訪れる場所は、県内でも限られますが、仙北市は屈指の入り込み数だと言うことはご存じかと思います。観光は総合産業ですが、でも、行政自体がお金儲けをする主役ではありません。民間企業や市民の皆さんの夢を叶える後ろ盾、資金や環境の提供と言った準備などに取り組むことが本分と考えます。素晴らしい観光資源を活かすには、行政のノウハウでは太刀打ちできない場面を多々見てきました。

 そこで是非とも企業の皆さんに参画をいただきたいと、四方八方に呼びかけをしています。地域経済にプラスとなる事業にはこれまでも投資をしてきました。この約束事をさらに拡大し、現在は運用しています。

 それと再生可能エネルギーですが、現在、太陽光発電の会社を立ち上げたいと、民間企業の皆さんにもお集まりをいただいての学習会を始めました。また小水力発電は既にモデル発電機の設置を終えています(あと幾つか追加を検討しています)。地熱については、関係機関から情報を収集中です。


[とても不満]と評価した方のご意見
現市長がいろいろ頑張ってはいると思う。ただ職員がいけない。合併したから田沢湖、西木、角館の前からの職員が意識改革を行わないといけないのではない。民間では当然ながら社長が変わればやり方も変わる。公務員は市長が代わっても変わらないのがおかしい。

2012年7月28日


市長から
 お手紙をありがとうございます。自分も同感です。極端な話し、職員の意識改革が、市を前に進める最大のパワーになります。民間企業の場合、トップが変わり経営戦略が変わると、その成果として自身の収益、またトップとの個人的なネットワーク如何で、人事配置での影響があったりすることが常なので、誰の目からも分かりやすいほど、社内のムードが一変したりします。

 自分は、市役所もそんな状態になるよう努力しています。でも市の場合は、職員の身分は地方公務員法で保証されています。所得となる給料の原資は市民や県民、国民の税金です。なおさら一生懸命に働くことが要求されています。これは職務に専念する義務で、しっかり明文化されていることです。ところで実際、この意識改革がゆっくりとですが、最近感じることもできて、少し嬉しがったりしています。

 自分の性格がセッカチなので、いつもパッ・パッと変わることを要求しています。でも世間のスピードは追いついてはくれません。残念。


[不満はない]と評価した方のご意見
仙北市の花「さくら」は「先人が残してくれた宝物」ですが、同じように、生きた証として何かを残したいと願い・想うことは、ごく自然のことと思います。
子供に恵まれなかったご夫婦でも、思い入れのある土地に証を残せたら、励みになることもあるかもしれません。
たとえば、ふるさと納税記念として、桜苗木1本を仙北市のどこかに植え、納税者に年数回の成長写真をプレゼントする。
仙北市出身の藤あや子さんや、著名な方々にもご協力いただき「ふるさと」を守っていく、など。いろいろ出来ると思いますよ。

2012年7月17日


市長から
 お手紙をありがとうございます。素晴らしいご提案です。自分も、ふるさと納税をいただいた際の御礼上の送付だけでは、感謝の気持ちをお届けできないのかな、と思っていました。そのような機会に、目に見える形でまちづくりに参加をいただく手法ですし、さくらの成長に合わせて、来市いただく動機にもなり得ます。

 これまで首都圏の皆さんにも故郷サポーターや観光大使などで、ご協力をいただいている方々が大勢おいでになりますが、そんな皆さんへ何らかの「お返し」ができないものか、検討中です。ご提案の件も併せて庁内で検討をします。


[やや満足]と評価した方のご意見
確かに馬力のあるエンジンです。しかし、実働部隊が同じ思いで動かないと結果が見えてこないよね。市政は確認作業が多くて市長の思いがすぐ実行というわけには行かないので、市長一人を評価というのは難しいな。

2012年6月29日


市長から
 お手紙をありがとうございます。仕事をチームプレーで進めることができるかどうか、それが成果を大きく左右します。エンジンがフル回転しても状況の改善になっていないと、様々な方からのご指摘もいただいています。だからチームプレーが未だできていないということです。でも、着実に(少しずつですが)、役所は変質しています。エンジンはいたって頑丈ですから心配いりません。


[不満はない]と評価した方のご意見
ムラ意識が強すぎて、「これはおかしい、変だ」と思えることを口に出したりする事がタブーになってしまっている。
不満を言えば爪弾き。狭いコミュニティに居場所無し。
移住者が不満を言えばよそ者扱い。
原住民が不満を言えば村八分。
仙北市が良くなるはずがない。
市長が叩かれるのは、良い意味で仙北市民らしく無いからでしょう。
批判にとらわれず、仙北市の為に邁進してください。

2012年6月16日


市長から
 メールをありがとうございます。複雑な思いでメールを読ませていただきました。政策とか行政レベルとか、何とか対応を強化しようと思って仕事に向かっています。しかしそれ以前の精神的・意識的な何かが欠落しているとしたら、自分は無力なのではないか、いえ、そこから始めなければいけないとしたら、その解決手法は何なのか、大いに戸惑います。

 自分はやはり、「おかしい・変だ」と言い続けるしかないのでは…、と思ってしまいます。地域内で意見の相違があることは当然ですが、ナアナアで過ごしてきた結果が、現在です。地域だけではありません。ナアナアの妥協が日本を危うい国家にしてきた、それは歴史を見ても明らかですから。

 自分の気持ちを押し殺しては、何も始まりません。自分が正しいと思ったことを、口にするべきだと思ったことを、せめて自分が応援しないと、そんな思いで毎日を過ごしています。お答えにも何もなりませんでした。ご免なさい。
 応援ありがとうございます。


[やや満足]と評価した方のご意見
市長の機敏な動き、心に熱の入った行動感じます。しかし、少し回りの方に気を使いすぎかな、と気の毒なイメージがあります。もっとブルドーザー的なエンジンでもいいのかも。

2012年6月14日


市長から
 お手紙をありがとうございます。公約の実現にはトップダウン方式が必要との思いから、初期段階ではブルドーザー的エンジンだったと思っています。ただそのことで、周辺に様々な波(波がたつことが悪いとは思いませんが…)が起こり、結果的には政策の達成レベルが目標に達しない(これは良くないことです)、そんな多くを経験してきました。

 仕事はチームづくりです。各分野のそれぞれの改善目標に向け、意思統一・一丸行動、情熱を共有するチームをつくるためには、気配りや思いやりと言う基本的な心持ちが必要だと強く思っています。それだからと言って、自己を押し殺したりはしません。ご心配に感謝いたします。


[とても不満]と評価した方のご意見
思いつきは相変わらず。今までのこの評価をどのようにとらえられているのか、甚だ疑問です。新しいことばかりに先走り、足元を見ていない。何をするにも結局はお金です。財政破綻のすれすれの市で何をしたいんでしょうか?夢ばかりでは困りますよ。

2012年6月8日


市長から
 ご意見をありがとうございます。私の行政運営に不安をお持ちのこと、強く感じます。ただご理解を願いたいことは、行政は思いつきで動くような組織ではないということです。市民の皆さんに示した市政公約は、現在は市の政策として組み込まれ、お金(予算)も、議会から議決をいただいての執行です。議決いただけないものを執行することは法律違反です。

 満足度カウンターへの書き込みはとても重要なご指摘です。何度もお話をしていますが、「こんな風にした方がよい」と言うご提案もあって、改善の手法として職員も共有しています。

 仙北市の現状を維持することだけでも、大変困難な状況です。でも現状維持だけでは先細り・衰退を逃れられないと思っています。「夢ばかり」では確かに困りますが、夢のない地方自治体に住む住民も不幸ではないでしょうか。


[やや不満]と評価した方のご意見
田沢湖町在住移住者ですがほかの移住者の方の意見と同意です。
よそ者には住みづらいですね。

というより住人の意識が昭和30年代。


そして市政も自然が素晴らしい。田舎暮らしはのんびりして暮らせる、などの田舎擁護のキャッチフレーズに甘えすぎ。

道路状態や衛生観念もタイムスリップしてきたようでここが本当に先進国かと思います。
若者が街を出るのも当然です。

それからほかの方も意見していましたが市役所の職員の対応というか意識、ありえません。
12時ごろうかがったとき全員昼食中でまるで学校給食のようで愕然としました。
さらに昼食の時間なのに何か用か?と言わんばかりの対応。全員です。
昼休憩の時間はすべての業務が休止になるのでしょうか?だとしたら私の思い違いで申し訳ありませんでしたが、貼り紙や告知などでお知らせしていただきたいです。
あのような光景はこちらでは当たり前なのかもしれませんが、あまり見た目がいいものではありませんでした。
私の以前住んでいた地域では交代で休憩に立つ、お客様(市民)の前で見えるところで飲食を控えるような意識があったように思います。
役所にかかわらず、接客のマナーとして当然ではないでしょうか?
私はこの事例の改善だけを望んでいるわけではありません。
市政まで現代からかけ離れた、閉鎖的なムラ意識になっていません?

新たな政策やまちづくりのミーティングが行われるようですが、この意見が市政に携わるみなさんの耳に残ることを期待します。

2012年6月5日


市長から
 ご指摘をありがとうございます。市役所の職員の応接態度が、市民の方々にイヤな思いをさせているというお話、本当に申し訳なりません。昨年度から強化している職員研修を、今年度はさらに厚く行う準備を進めています。一日にして変化するというような状況は困難かも知れません。また誠心誠意、応対している職員もいることをご理解いただければ幸いです。

 市全体が閉鎖的なムラ社会、ムラ意識になっているとのご指摘も、外部の目線を持っている方だからこそのご意見です。前進的でオープンで、一方で「先ずは挑戦してみよう」という気概に燃えた市民も、大勢おいでです。ですから可能性だってたくさんあります。そんな皆さんと一緒になって、市を前に進める活動にご参加をお願いします。


[とても不満]と評価した方のご意見
市長を初め市役所職員は公僕なのに謙虚でなくおしなべて傲慢だ。公務員としての意識改革を強く求めます。改革無くして明日は創れません。

2012年6月3日


市長から
 メールをありがとうございます。私を含めて市役所の職員はおしなべて傲慢とのご指摘、そのような思いを感じさせていることに、お詫びを申し上げます。意識改革については、議会からも再三のご指摘があり、改善に向けて沢山の取り組みを行っています。その成果が市役所全体で見えるようになるまで、少しなら図の時間が必要だと思っています。

 そこで、もしよろしければより具体的に、あなた様がそう感じた場面をお知らせください(私の態度についても、是非ご指摘ください)。全体の改善が必要なことは先にお答えした通りですが、ポイントでの改善だったら、スピード感を増すことができます。重ねて不快な思いをさせていること、本当にご免なさい。


[とても満足]と評価した方のご意見
合併したとは言え、人口の多い地域の偏った現在を改革してほしい。

2012年5月5日


市長から
 メールをありがとうございます。また返信が遅れたこと、本当に申し訳ありません。

 ところでご提案の内容が、少し間口が広すぎて具体的な回答をお伝えすることが困難です。人口の多い地域(角館町内、または生保内地区…?)の偏った現状、例えば公共施設の整備、店舗の分散、住宅移転、もしかしたら精神性のこと、いろんなことが頭に浮かびますが…。

 お手数をおかけしますが、再度のご投稿をお願いします。


[やや不満]と評価した方のご意見
移住者や転勤者の間で、この地域は新しいものや人を受け入れず、近寄りがたいという話によくなります。
市長がいくら仙北市を変えようと頑張っても、市民の意識が変わらなければいつまでたっても同じです。
古くから住む住民との対話が重要です。
他地域に住んだことが無い故に仙北市の今の現状が分かっていません。
移住者にはこの地域は住みづらすぎます。

2012年4月21日


市長から
 お手紙をありがとうございます。ご指摘のようなお話を自分も時々耳にします。市民の意識をもっと開放的にしなければ、社会の動きに対応できない、新たな文化や活動と、古くからの伝統が共存する街にはなれないと、いつも思っています。これができないと、新しい居住者を迎える魅力も基盤も欠落してしまいます。

 最近になり、若い方々が自由な取り組みを実践し始めました。特に芸術文化、スポーツ、グリーンツーリズムなどで成果が出始めています。情報基盤の整備でインターネット番組の放映も始まっています。応援をしています。

 ささやかでも、いつかは大きな流れになり、それが主流になることを信じています。でも、やがてその主流が守旧派となります。そしてまた新しいささやかな活動が生まれます。このサイクルの長短が街の元気度に直結します。


[とても不満]と評価した方のご意見
エンジンだけ頑張っても燃料の無駄

2012年4月5日


市長から
 厳しいご指摘です。ですが取り組みをゆるめることはできません。燃料は無駄に消費しないよう注意します。確かに公費を使わせていただいていますから、費用対効果が求められて当然です。それと同じくらい大切な燃料は、実は情熱ややる気と言った精神的なものです。職員に溢れるばかりの気持ちの高まりがなければ、市民の皆さんにも伝わらないと思います。今は燃費が悪いエンジンですが、きっと近い将来、エコでも前進力の強い仙北市になれると信じています。


[不満はない]と評価した方のご意見
市政を評価するのではなく、市への提案や要望を書き込める場所が欲しい。

2012年4月1日


市長から
 お手紙ありがとうございます。とても良いご提案をいただきました。今年度(平成24年度)は、仙北市ホームページからの情報提供を、さらなるスピードアップ・内容の充実を本格検討することにしています。ご提案のコーナーをどのようにすれば構築できるか(技術的な面もありますので)、可能な段階に達したら随時改造していきます。
 


 

 

 

市民満足度カウンターに関するお問い合わせ

仙北市総務部総務課
電話:0187-43-1111 〒014-1298 秋田県仙北市田沢湖生保内字宮ノ後30