新市建設計画(平成29年3月変更)

計画変更の目的

本計画は、(旧)市町村の合併の特例に関する法律に基づき、旧田沢湖町、旧角館町および旧西木村(以下「旧3町村」という。)の合併後の新市のまちづくりを総合的かつ効果的に推進することを目的とし、田沢湖・角館・西木合併協議会において平成17年3月に策定されました。「東日本大震災に伴う合併市町村に係る地方債の特例に関する法律(平成24年6月27日公布)」により、合併特例事業債の起債可能期間が延長されたことに伴い、昨年3月、計画期間を5年間延長し、今後取り組んでいく事業へも合併特例事業債の活用を可能とする環境を整えましたが、合併特例債の適用範囲を拡大するために再変更しました。

計画変更の内容

今回の新市建設計画の変更は、庁舎整備方針の変更および主要施策の具現化を図るための一部変更を加えた必要最小限の内容とします。

新市建設計画をご覧になるにはアクロバットリーダーが必要です。

アクロバットリーダー ダウンロードへ

地域審議会

地域審議会は、合併協議の過程においてそれぞれの地域の声を適切に市政に反映させるとともに、地域の特性に応じたきめ細かな行政サービスを行っていくことを目的に、旧町村単位に設置されました。

新市建設計画に関するお問い合わせ

仙北市総務部企画政策課

  • 〒014-1298 秋田県仙北市田沢湖生保内字宮ノ後30
  • 電話:0187-43-1112