緊急コロナウイルス感染防止対策《8項目の要請を解除します(11月1日)》

【2021年10月29日(金曜日) 】
総務課

要請していた8項目(11月1日解除)

緊急に対策をお願いする事項
  • 日常お会いする方以外との接触の自粛
  • 会合などは、真に必要なもの以外は避ける
  • 飲酒を伴う会食は、控える
  • 健康観察(検温など)を行い、発熱やけん怠感、のどの痛みがある場合は、発熱外来を必ず受診する
  • 濃厚接触者になった場合は、他の方との接触をしない

引き続き対策を強化する事項
  • 県外との不要不急の往来の自粛
  • 「3密」の回避(密集、密接、密閉)
  • マスク(不織布)の着用とこまめな手洗い、消毒


引き続き対策をお願いします

 引き続きマスク(不織布)の着用、こまめな手洗い、消毒、3密の回避、換気等の基本的な感染症対策を徹底しましょう。また、健康観察(検温等)を行い、発熱やけん怠感、のどの痛みがある場合は、発熱外来を受診するようにお願いします。
 県外との往来は、できるだけワクチン接種(2回目接種から2週間程度経過)後とし、感染リスクに十分留意しましょう。
 飲食を伴う集まりは、屋内外にかかわらず、「長時間を避け」、なるべく「普段一緒にいる人」又は「ワクチン接種を受けた人」と「マスク会食」を行うとともに、参加人数に応じた席の配置や換気の徹底など感染リスクの回避に留意してください。