新型コロナウイルスにおける対応の継続について

【2020年8月31日(月曜日) 】
総合防災課

 毎日の報道でご承知のとおり、新型コロナウイルスの新たな感染者が全国で急増しており、より一層注意が必要になっています。
 緊急事態宣言が解除されてからは、行動の自粛が緩和され、人の往来が活発化していますが、今一度「新しい生活様式」を心がけて、一人ひとりが「自分の身を守ること」、「家族や周囲の人の身を守ること」を意識して行動することが重要です。
 市民の皆さまには、改めて次のことに留意して毎日を過ごされますようお願いします。

「新しい生活様式」に対応した行動を

・日ごろから三つの「密」(密閉、密集、密接)が発生する場所を徹底して避けるようにしましょう。
・大人数での会食や飲み会を避けるようにしましょう。
・大声を出す行動(飲食店などで大声で話す、カラオケやイベント、スポーツ観戦などで大声を出すなど)を自粛しましょう。
・マスクの着用、手洗い、消毒、換気を徹底しましょう。

帰省や旅行ついて

・全国的に家庭内での感染が広まっています。帰省などはできるだけ見合わせていただくようお願いします。
・やむを得ず帰省された場合は、滞在期間中、不要不急の外出は控え、家庭内でもこれまで以上に3密対策を実施し、こまめな手洗いや消毒を実施されるようお願いします。
・首都圏などの感染が拡大している地域への観光は、極力避けてくださるようお願いします。
・宿泊を伴う旅行を予定されている場合も、マスクの着用と3密対策を徹底し、人と人との距離をとることを常に意識して行動されるようお願いします。
・接待を伴う飲食店や密閉・密集・密接が重なる場での会食は避けるようお願いします。

その他の注意すること

・仙北市の公共施設について、当分の間、37.5℃以上の発熱がある方はご利用をご遠慮いただきますようお願いします。市役所の各庁舎、各出張所も同じ基準とします。
・家庭内で、妊婦さんや乳幼児、お年寄りがいる場合は、不要な接触など特に配慮されるようお願いします。
・今の状況では、いつどこで誰が感染してもおかしくありません。もし万が一、身近で感染者が出ても、誹謗、中傷など心ない発言はお互いに慎みたいものです。感染された方はもちろんのことご家族や周囲の方が傷つくことのないように、市民みんなで注意しましょう。

お問い合わせ

仙北市新型コロナウイルス感染症対策本部(総合防災課内)
•〒014-1298 秋田県仙北市田沢湖生保内字宮ノ後30
•電話:0187-43-1115
•FAX:0187-43-1300

リンク