首都圏などとの往来に関する注意喚起について

【2020年7月20日(月曜日) 】
総合防災課

首都圏を中心に、新型コロナウイルスの感染者が増加しています。
こうした状況を踏まえ、秋田県から県民の皆さまに、首都圏などとの往来に関する注意喚起が出されています。
一人ひとりの行動が、ご自身のみならず周りの方、そして社会を守ることにつながります。皆さまのご協力をお願いします。
以下、秋田県公式サイト(7月9日掲載)からの一部抜粋です。詳細は、リンク先からご確認ください。

首都圏などとの往来について

首都圏などへの移動は慎重に!
※それぞれのケースを十分に検討のうえ、慎重に判断してください。

移動を避けていただきたいもの

観光、娯楽(スポーツ観戦、コンサート鑑賞、レジャー施設の利用など)、知人などへの訪問(急を要する場合を除く)

やむを得ない訪問

出張などの仕事、各種試験の受験、就職活動、葬儀、介護など

夏休みやお盆の帰省について

  • 体調がすぐれない場合は、帰省しない。
  • 特に若い方は無症状の場合もあるので、帰省したら、外出や集まりは控え、妊婦や乳幼児、お年寄りとの接触には気をつける。

事業者の皆さまへのお願い

  • 利用者が不安なくお店を利用できるよう「感染拡大予防ガイドライン」に沿った取り組みをしてください。
  • 特に宿泊施設においては、感染防止に十分留意してください。

お問い合わせ

仙北市新型コロナウイルス感染症対策本部(総合防災課内)
  • 〒014-1298 秋田県仙北市田沢湖生保内字宮ノ後30
  • 電話:0187-43-1115
  • FAX:0187-43-1300

リンク