社会資本総合整備計画の事後評価の公表について(街路事業)

【2020年5月20日(水曜日) 】

 社会資本整備総合交付金は、地方公共団体等が行う社会資本の整備その他の取組を支援することにより、交通の安全の確保とその円滑化、経済基盤の強化、生活環境の保全、都市環境の改善及び国土の保全と開発並びに住生活の安定の確保及び向上を図ることを目的として平成22年に創設されたものです。
 地方公共団体等が社会資本整備総合交付金を充てて交付対象事業を実施する場合は、社会資本総合整備計画の作成と公表することが定められています。
 また、社会資本総合整備計画に記載した目標の達成状況について、計画期間の終了後に事後評価を行い、その結果を公表することとされています。

 仙北市が実施している街路事業の事業完了に伴う事後評価について、下記のとおり公表します。


計画の名称・期間

名称期間ダウンロード
安全・安心なまちづくりと交流を支援する街路整備平成27年度から令和元年度事後評価書
(PDF:13KB)
都市空間における防災性の向上と円滑な交通を支援する街路整備
(防災・安全)
平成26年度から平成30年度事後評価書
(PDF:1.11MB)

お問い合わせ

仙北市建設課都市計画係 電話:0187-43-2295