〜仙北市における「観光まちづくり」を推進!〜行政、観光協会(DMO候補法人)とJR秋田支社の連携協定締結

【2019年5月9日(木曜日) 】

仙北市、DMO候補法人(一社)田沢湖・角館観光協会、東日本旅客鉄道株式会社秋田支社は、仙北市の観光需要の更なる創出を推進するため「観光まちづくり」に関する連携協定を締結しました。
これにより、三者が有する観光資源を有効活用し、仙北市の魅力ある「まちづくり」の取り組みを進めます。

協定名

仙北市における「観光まちづくり」に関する連携協定

締結日

2019年(令和元年)5月7日

協定の内容

(1)目的

三者が相互に連携・協力しながら、仙北市における観光需要の創出による「観光まちづくり」の取り組みを推進すること。

(2)主な連携事項

○遊休農地を活用した都市部在住者の移住推進に向けた受け入れ態勢整備に関する事項(五感楽農の取り組み)
○滞在型観光施設の検討、推進に関する事項
○6次産業化の検討、推進に関する事項
○首都圏での観光キャラバンによるPRに関する事項
○各種媒体を通じた観光地、旅行商品のPRに関する事項
○仙北市における観光資源の掘り起しとおもてなし体制の充実に関する事項

(3)連携のイメージ


プレスリリース


協定式の様子

協定式の様子

協定式の様子

お問い合わせ

仙北市観光課 電話:0187-43-3352