地方創生この指とまれ ~市民のやる気がまちを元気に!~

内容

「地方創生特区」指定による地方創生の可能性等について、岸博幸氏(慶應義塾大学大学院教授)、俳優の中尾彬さん・池波志乃さんご夫妻などの著名な方々をお迎えし、講演、パネルディスカッションを開催しました。ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

開催日時

平成27年7月19日(日)13:30~15:40

会場

角館交流センター 多目的ホール

参加人数

約250名

プログラム

  1. 挨拶
    • 仙北市長 門脇光浩
    • 内閣府副大臣 平将明
    • あいさつ要旨
      「地方創生は、地方が元気になることが、日本の経済の元気につながっている。政府は仙北市にはさまざまな種があって、その芽をのばしていくことが、日本全体の地方創生の先行事例になると思っている。」

    • 大臣政務官 小泉進次郎
    • あいさつ要旨
      「国が指定する地方創生特区といえども、成功に導くのは地元の方々。特区になって何ができるのか。仙北市はどう変わるのか。さらに、どう変わるのではなく、どう変えていこうかというところまで議論が深まることを期待している。秋田県は日本全国で一番人口が減っている県でもあり、高齢化も進んでいる。ピンチだからこそ、どこよりも危機感をもち、本気になったまちづくりができると思う。」

  2. 特別講演
  3. 岸 博幸氏(慶應義塾大学大学院教授)
    題名:仙北市を地方創生のフロントランナーに

  4. パネルディスカッション
  5. 題名:市民のやる気がまちを元気に!

    コーディネーター
    岸 博幸氏(慶應義塾大学大学院教授)

    パネリスト
    中尾 彬氏 (俳優)
    池波 志乃氏 (女優・エッセイスト)
    金子 裕二氏 ((有)グランビア代表取締役社長)
    原 英史氏 (国家戦略特区ワーキンググループ委員)
    門脇 光浩 (仙北市長)

    ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

地方創生特区に関するお問い合わせ

仙北市総務部 地方創生・総合戦略室