○仙北市街灯等設置要綱
          平成17年9月20日告示第37号
        改正
            平成23年9月30日告示第89号
            平成25年3月29日告示第18号
            平成26年12月5日告示第132号
   仙北市街灯等設置要綱
 (目的)
第1条 この要綱は、仙北市において交通の安全確保と犯罪の予防、青少年の非行化防止
 を図り、併せて明るい町づくりのため主要道路及び公共広場に設置する街灯、照明灯並
 びに防犯灯(以下「街灯等」という。)の設置及び維持管理等に関し、必要な事項を定
 めることを目的とする。
 (定義)
第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところに
 よる。
 (1) 主要道路 県道及び市道をいう。
 (2) 公共広場 公園、緑地及び児童遊園地をいう。
 (3) 受益者 受益慣行集落等をいう。
 (4) 集落 家屋が連担あるいは散在している居住可能な地域をいう。
 (街灯等の設置基準)
第3条 街灯等の設置する基準は、次のとおりとする。
 (1) 集落内に設置する街灯等は、おおむね200メートルに1基を基準とする。ただし、
  特別の事由があると認めたときは、この基準にかかわらず増設又は廃止をすることが
  できる。
 (2) 集落と集落の間に設置する街灯等は、おおむね150メートルに1基を基準とする
  が、環境その他の状況を勘案して設置する。
 (3) 公共広場における照明灯については、広場等の規模及びその公共性を勘案して設
  置する。
 (街灯等の設置)
第4条 主要道路及び公共広場における街灯等の新設、開設及び廃止については、前条の
 定めるところにより市長がこれを行う。ただし、同条第1号に定める集落内に設置する
 街灯等については、市長が特に必要と認める以外は、受益者が設置するものとする。
 (街灯等の設置に係る補助金交付申請)
第5条 前条ただし書に定める受益者の設置する街灯等の事業経費に対して補助金を交付
 するものとする。
2 補助金の額は、LEDを使用した街灯等1灯あたり50,000円を上限とし、予算の範囲
 内の額とする。
3 前項による補助金の額に100円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。
4 補助金の交付を受けようとする者は、仙北市補助金等交付規則(平成17年仙北市規則
 第39号)により補助金交付申請書に関係書類を添付し、市長に提出するものとする。
 (街灯等の管理)
第6条 街灯等の維持管理は、市がこれに当たる。ただし、第4条ただし書によって設置
 する街灯等の維持管理は、受益者がこれに当たるものとする。
 (維持修繕等の費用の負担)
第7条 第4条により設置した街灯等の維持修繕の費用及び電気料は、市が負担する。
2 第4条ただし書により設置した街灯等の維持修繕の費用及び電気料は、受益者が負担
 するものとする。
3 故意又は過失により街灯等を破損させ修理等の必要が生じたときは、設置者がこれを
 修復し、これに要した費用をその行為者に支払いさせることができる。
   附 則
 (施行期日)
1 この告示は、平成17年9月20日から施行する。
 (経過措置)
2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の田沢湖町街灯設置要綱(昭和61年3月29
 日訓令第1号)又は西木村街灯設置要綱(平成元年12月30日訓令第8号)の規定により
 なされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの告示の相当規定によりなされたもの
 とみなす。
   附 則(平成23年9月30日告示第89号)
 この要綱は、平成23年10月1日から施行する。
   附 則(平成25年3月29日告示第18号)
 この要綱は、平成25年4月1日から施行する。
   附 則(平成26年12月5日告示第132号)
 この要綱は、平成27年4月1日から施行する。