○仙北市災害見舞金の支給に関する条例
平成17年9月20日条例第64号
改正
平成23年12月21日条例第37号
仙北市災害見舞金の支給に関する条例
(趣旨)
第1条 この条例は、災害により被災した世帯に対する、災害見舞金の給付に関し、必要な事項を定めるものとする。
(定義)
第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
(1) 「災害」とは、自然災害又は火災等をいう。
(2) 「自然災害」とは、暴風、豪雨、豪雪、洪水、地震、落雷、地すべり、雪崩等の異常な自然現象をいう。
(3) 「火災等」とは、前号を原因としない火事若しくは爆発等をいう。
(4) 「被災」とは、居住し現に生計を営んでいる住家が被害を受けた状態をいう。
(5) 「住家」とは、専ら自己の居住の用に供する建物をいう。
(6) 「世帯」とは、同一の住家において生計を1つにしている実際の生活単位で、仙北市に住所を有するものをいう。
(対象)
第3条 災害見舞金は、仙北市の行政区域内で発生した災害により、被災した住家が次の各号のいずれかに該当する場合、当該被災した世帯に対し支給する。
(1) 災害により、死者(死亡認定された者を含む。)を出した世帯
(2) 自然災害により、住家が全焼、全壊、流失又は埋没した世帯
(3) 火災等により、住家が全焼又は全壊した世帯
(4) 自然災害により、半焼、半壊、半流失又は半埋没した世帯
(5) 火災等により、住家が半焼又は半壊した世帯
(6) 災害により、住家が床上浸水又は土砂等のたい積により、一時的に居住することができない世帯
(7) 災害により、住家の床面まで浸水し、設備等に被害を受けた世帯(前号に該当する場合を除く。)
(8) 前各号までに掲げるもののほか、市長が特に必要と認めたもの
(見舞金の額)
第4条 見舞金の支給額は、次に掲げるとおりとする。
(1) 第3条第1号 死亡者(1人当たり) 20万円
(2) 第3条第2号 20万円
(3) 第3条第3号 10万円
(4) 第3条第4号 10万円
(5) 第3条第5号 5万円
(6) 第3条第6号 5万円
(7) 第3条第7号 2万円
(8) 第3条第8号 20万円以内
(支給制限)
第5条 次の場合は、支給しないものとする。
(1) 仙北市災害弔慰金の支給等に関する条例(平成17年仙北市条例第63号)に該当する場合
(2) 故意又は重大な過失により、災害を発生させた場合
(報告)
第6条 第2条第1項第1号に規定する災害が発生し、見舞金支給対象の被災が発生したときは、災害状況調査書(別記様式)により調査するものとする。
(支給)
第7条 市長は、前条の災害状況調査書に基づき、必要な事項を調査のうえ、災害見舞金の支給を決定し、速やかに支給するものとする。
附 則
この条例は、平成17年9月20日から施行する。
附 則(平成23年12月21日条例第37号)
この条例は、平成24年4月1日から施行する。
別記様式(第6条関係)
別記様式