新生児聴覚検査 

新生児聴覚検査(初回検査、確認検査)費用の助成します

生まれてすぐの赤ちゃんに行う耳の聞こえをチェックする検査です。
生まれつきに耳の聞こえにくさがある赤ちゃんはおよそ1,000人に1~2人といわれています。聞こえにくさの発見が遅れると言葉の発育が遅れたりコミュニケーションがとりにくいなどの支障がおこることがあります。早期に発見され適切な援助をしてあげることが、赤ちゃんの言葉とこころの成長のためにとても大切です。赤ちゃんの健やかな発達のために新生児聴覚検査を受けましょう。

対象

平成31年4月1日以降に生まれ、市内に住所がある助成対象の聴覚検査を受けた新生児の保護者

検査の受検方法

出産された産院に受検票をお渡しください。

助成額

該当する検査の全額

詳しくは、お問い合わせください。

新生児聴覚検査に関するお問い合わせ

仙北市市民福祉部保健課

  • 〒014-0392 秋田県仙北市角館町中菅沢81番地8
  • 電話:0187-43-2252
  • FAX : 0187‐54‐1117