観光産業を活かした北東北の交流拠点都市をめざして!せんぼくし
SEMBOKU CITY Official Site

トピックス

※画像をクリックすると拡大します。

仙北市の技と食のものがたり

 

パンフレット仙北市商工課では秋田わか杉国体の開催にあたって、市内の特産品を物語風に紹介したパンフレット「仙北市の技と食のものがたり」を作成しました。

是非ご覧いただき、仙北市の特産品をお買い求めいただきたいと思います。

 

 


軟式野球競技の組合せ抽選会開催

 

抽選会の様子国体本番まであと20日余りとなり、9月7日(金曜日)、軟式野球競技組合せ抽選会が東京都千駄ヶ谷の全日本軟式野球連盟会館で開催されました。

会議には、日本体育協会、全日本軟式野球連盟、秋田県軟式野球連盟、秋田県野球協会審判部、秋田県総務部企画部国体・障害者スポーツ大会局、再来年の開催県の新潟県からと開催市(大仙市・横手市・仙北市)が出席し行われました。

はじめに、全軟連の大山専務理事よりあいさつがあり、日本体育協会の石榑国体委員により一般A、一般B、成年の順に抽選が行われました。仙北市で開催する成年の競技では、「全秋田」チームがオープニングゲームで来年度の開催県である「オール大分」と対戦することとなりました。

競技団体もこの残された期間に悔いの残らない練習を積んでいくことと思いますが、同時に開催地での準備も、全国からおみえになるお客さまに“秋田のおもてなし”を忘れない取り組みをしていきたいと思います。

軟式野球競技日程(1.77KB)

 


プランターに花の植栽をしました

 

植栽していただいたみなさん6月22日、角館地区の500歳野球チームのメンバーや仙北市地域婦人連絡協議会角館地区の皆さん約30人の協力をいただき、仙北市落合運動公園で、「ようこそ仙北市へ」のステッカーが貼られたプランターに花を植栽しました。

これは、9月から10月にかけて開催される秋田わか杉国体に向け、国体開催PRと出場選手や訪れるみなさんを歓迎しようと、秋田わか杉国体県民総参加盛り上げ事業の一環として行われました。

当日は、国体推奨花であるベゴニア・センパフローレンスの赤やピンク、白の3色、全部で840株を210個のプランターに植栽しました。植栽したプランターは、角館駅前、駅通り商店会の皆さんの協力で、そちらに設置し、訪れる皆さんを歓迎しています。