観光産業を活かした北東北の交流拠点都市をめざして!せんぼくし
SEMBOKU CITY Official Site

観光スポット:角館エリア

武家屋敷通りライブカメラ新規ウインドウが開きます

 

石黒家(市指定史跡)

石黒家石黒家いしぐろけは佐竹北家の用人を勤めた家柄で、家伝によると嘉永6年(1853年)に現在地に移転したとなっています。

薬医門には、文化6年(1809年)日付の矢板があり、門を入ると起り破風はふ懸魚けぎょ のついた正玄関と脇玄関があります。母屋は萱葺で庭に築山、巨石、樅の大木、東屋があり、武士の格式を示しながら、簡素なたたずまいを呈しています。道路面にはのぞき窓を付けた黒板塀がめぐり現存する武家住宅の中でも最も古いものです。

 

営業時間

午前9時〜午後5時 ※年中無休


 

料金

個人:大人(高校生以上)300円 小学生・中学生150円
団体:大人(高校生以上)200円 小学生・中学生100円 ※団体は20名以上

住所角館町表町下丁1

連絡先石黒家:0187-55-1496

交通アクセスJR角館駅より徒歩20分
秋田空港より「あきたエアポートライナー」を利用、伝承館などで下車(所要時間約60分)

青柳家(県指定史跡)

青柳家青柳家あおやぎけは芦名氏普代の侍でしたが、芦名氏断絶後佐竹北家の組下となりました。

道路に面して「のぞき窓」のついた黒塗りのささら子塀がめぐり、万延元年(1860年)大工棟梁柴田岩太郎銘の矢板にある薬医門があります。門から入って北側に井戸屋形、米蔵等があり、それに近く正玄関、その北側に脇玄関があり客の格式・身分によりその使用を分けました。武家屋敷の建築様式を今につたえるこの家屋は寄棟萱葺屋根の母屋、薬医門、蔵、塀など全体として非常によくまとまっています。

 

営業時間(角館歴史村 青柳家)

4月〜11月 午前9時〜午後5時
12月〜3月 午前9時〜午後4時 ※年中無休

料金

個人:大人500円、中学生・高校生300円 小学生200円
団体:大人450円、中学生・高校生250円、小学生150円 ※団体は20名以上

住所角館町表町下丁3

連絡先角館歴史村 青柳家:0187-54-3257

交通アクセスJR角館駅より徒歩20分
秋田空港より「あきたエアポートライナー」を利用、青柳家にて下車(所要時間約60分)

ウェブサイト角館歴史村 青柳家新規ウインドウが開きます

松本家(県指定有形文化財)

松本家松本家まつもとけは佐竹氏の重臣今宮家の組下で、芦名家臣団とは別に田町菅沢に住居を構えていました。芦名氏断絶後、佐竹北家の組下となり現在地の小人町に移り今に至ります。

小人町は、足軽、中間などが住んでいた所で、松本家も軽輩でしたが、郷校弘道書院の教授を勤め「烏帽子於也えぼしおや」の著者として知られる須藤半五郎を出した向学の家です。建築年代は幕末の頃と推定され、離れの寝室も残されています。

 

公開期間

4月中旬〜11月初旬 午前9時〜午後4時30分(不定休)

住所角館町小人町

連絡先仙北市教育委員会文化財課:0187-43-3384

交通アクセスJR角館駅より徒歩20分
秋田空港より「あきたエアポートライナー」を利用、伝承館にて下車、徒歩1分(所要時間約60分)

岩橋家(県指定史跡)

岩橋家岩橋家いわはしけは芦名家の重臣で、禄高は75石。芦名氏断絶後角館支配となった佐竹北家に召抱えられその後廃藩になるまで仕えました。

この屋敷は江戸時代の末期に改造、屋根の萱葺もさらにその後の改造で現在のように変わりました。角館の中級武士の家屋として間取りなど典型的な形を残しています。推定樹齢300年余りのカシワの木は内陸部では非常に珍しいとされ、枝垂桜とともに当時の面影がそのまま遺っています。


公開期間

4月1日〜中旬を除き通年公開 午前9時〜午後4時30分

住所角館町東勝楽丁

連絡先仙北市教育委員会文化財課:0187-43-3384

交通アクセスJR角館駅より徒歩15分
秋田空港より「あきたエアポートライナー」を利用、伝承館にて下車、徒歩1分(所要時間約60分)

河原田家(市指定史跡)

河原田家河原田家かわらだけは芦名氏の会津時代からの普代の家柄です。芦名氏断絶後は佐竹北家の家臣となり廃藩まで仕えましたが、木山方を代々勤め実務派として重きをしていました。

現在地には明治期に移転しましたが、藩政時代の建築をそのまま踏襲しており、座敷には、この地方の書院造りの典型的な様式を残しています。また明治以降代々の当主は数々の事業に取り組み、政治、経済、教育と広い分野で活躍しました。


公開期間

4月中旬〜11月30日 午前9時〜午後4時30分

住所角館町東勝楽丁

連絡先仙北市教育委員会文化財課:0187-43-3384

交通アクセスJR角館駅より徒歩15分
秋田空港より「あきたエアポートライナー」を利用、角館プラザにて下車、徒歩2分(所要時間約60分)

小田野家(市指定史跡)

小田野家小田野家おだのけは、今宮弾正組家で後、佐竹北家に支えました。

建築物は、明治33年(1900年)の大火により全て焼失しましたが、屋敷割は、旧藩時代のままです。また樅、紅葉等の樹木に菖蒲、小笹等の植物を配した前庭は、京都庭園作法の伝統植栽法を取り入れ、幕末期武家屋敷の一様式を伝えます。


公開期間

4月中旬〜11月30日 午前9時〜午後4時30分

住所角館町東勝楽丁

連絡先仙北市教育委員会文化財課:0187-43-3384

交通アクセスJR角館駅より徒歩15分
秋田空港より「あきたエアポートライナー」を利用、角館プラザにて下車、徒歩1分(所要時間約60分)

周辺地図

武家屋敷周辺地図