「小さな国際文化都市」〜市民が創る誇りあるまち〜を目指して
SEMBOKU CITY Official Site
仙北市トップページ > 各機関からのお知らせ > 仙北市産業振興基本条例を制定しました

仙北市産業振興基本条例を制定しました

【2012年7月12日(木曜日) 】

「みんなが輝き、豊かで元気に暮らせるまち」をめざして


仙北市では、地域を取り巻く環境が大きな変革期を迎えつつあること踏まえ、仙北市産業振興基本条例を平成23年9月に定めています。
本条例の制定により、事業者をはじめ、市民、経済関係団体、市のそれぞれが主体的に行動し、一体となって産業の振興を図ることで、豊かな自然の中で、みんなが輝き、豊かで元気に暮らせるまちの実現を目指します。



産業振興の基本理念

・事業者の創意工夫と自助努力を基に、市、事業者、市民が一体で推進する。
・地域経済の活性化と雇用拡大、人材育成に努める。
・地域特性を生かし、事業者、人材等の地域資源を積極的に活用する。


市の責務

・国、県および経済関係団体と連携し、産業振興施策を推進する。
・事業者、市民の意見を聞き、現状を的確に把握した施策を講ずる。


産業振興の基本理念

・事業者の経営基盤強化と経営健全化の支援
・新技術、新製品の開発支援
・販路拡大と経営革新の促進
・創業と新事業創出促進
・観光資源と地域特性を生かした観光振興
・産業を担う人材育成と雇用の確保
・伝統工芸品等の保護、育成、技術継承
・市内事業者の受注機会増大と物品、役務の市内消費拡大
・産業振興に必要と認められる事項


事業者の役割

・市等が行う産業振興策に協力し、地域貢献に努める。


経済関係団体の役割

・産業振興への取り組みと事業者の支援、地域貢献に努める。


市民の理解と協力

・産業振興が生活を豊かにし、地域の活性化と存続に寄与することを理解し、市内での消費や事業者の利用に心掛け、その発展への協力に努める。




【産業振興条例とは】

地域社会の変革期に対応し、活力ある仙北市を創造するため、市民、事業者、行政等が一体となって産業を振興する基本的な考え方や施策の方向性を示したものです。


【条例を定めた目的は】

産業の振興をまちづくりの礎と位置づけ、定められた施策を体系的、持続的に推進することにより、市民の地域産業振興の意識を高め、また産業を営む全ての方の意欲を助長し、経営基盤の強化を図ることで、雇用の確保と地域経済の活性化を実現し、地域の存続と繁栄に結びつけることにあります。


【条例制定により進められること】

・産業振興の理念や基本方針が明らかになることで、産業振興に関する施策等がより効果的に実施されます。
・市民、事業者、行政等の役割が明確化され、地域が一体となって産業振興による活力ある地域づくりに取り組むことができます。
・仙北市産業振興推進委員会が組織され、産業振興 策が調査、審議されることで、より有効な施策が展開されます。