「小さな国際文化都市」〜市民が創る誇りあるまち〜を目指して
SEMBOKU CITY Official Site
仙北市トップページ > 各機関からのお知らせ > 台風5号の気象分析(8日〜10日の間)について

台風5号の気象分析(8日〜10日の間)について

【2017年8月8日(火曜日) 】

全般

 進む速度が遅く、勢力の強い台風5号の市内への直接の影響は、8日の昼頃から徐々に現れ、10日頃までは残るものと予測しています。
 東北に来る頃には、温帯低気圧となり、勢力が弱まるものと予測していますが、まわりの雨雲を刺激するため、この間の雨降りには注意が必要です。
 市内への影響は、8日の昼12時頃から徐々に現われ、本格的な雨の降り始めは、夜の午後9時頃からとなり、雨降りのピークは、9日の午前9時頃までとみています。
 また8日の午前9時〜9日の午前9時頃までは、風も強く吹き、暴風警報発令の可能性があります。
 8日は1時間に5mm程度、9日の午前3時〜午前6時の間は、1時間に10mm程度の雨降りを見込んでおり、大雨警報発令の可能性はあります。


判断事項

8日の午後9時頃までは、大きな変化はないと予測していますが、その後、徐々に風雨とも更に強くなり、9日の午前9時頃までは注意が必要となります。


市民の皆さまへのお知らせ

8月10日頃までは、気象庁から発表される台風5号の動きに注意するとともに、市から流れる防災無線・安心安全メールに、ご注意いただきますようお願いします。


お問い合わせ

仙北市総合防災課 電話:0187-43-1115