「小さな国際文化都市」〜市民が創る誇りあるまち〜を目指して
SEMBOKU CITY Official Site
仙北市トップページ > 各機関からのお知らせ > 国民健康保険第三者行為(交通事故など)による届出について

国民健康保険第三者行為(交通事故など)による届出について

【2016年3月15日(火曜日) 】

交通事故などで、国保を使う場合は必ず届出をしてください!

国保の加入者が交通事故など、第三者行為が原因で負傷した場合は、加害者(第三者)がその治療費を負担するのが原則ですが、仙北市(国保)へ第三者行為による届け出をする事により、国保を使って治療を受ける事ができます。
ただし、これは本来加害者が負担するべき治療費を仙北市(国保)が一時立替えているものであり、後日加害者に立替え分を請求することになります。
そのため、第三者行為により国保を使って受診する場合は、必ず市民生活課国保年金係に届出をしてください。


第三者行為とは

第三者(自分以外の人)が原因となり、治療を受けることになった場合を指します。主な例が交通事故です。


提出書類

  1. 第三者行為による被害届
  2. 事故発生状況報告書
  3. 念書(被害者側)
  4. 同意書
  5. 事故証明書
  6. 人身事故証明書入手不能理由書(事故証明書が物件事故の場合)
  7. 自損事故による傷病届(自損事故の場合)

※交通事故の場合は(1)〜(6)もしくは(7)、それ以外は(1)、(3)および(4)を提出してください。


その他注意点

・同乗していた自動車が事故を起こして負傷した場合でも、第三者行為による届出が必要です。
・飲酒運転や無免許運転など、法令違反の場合は国保が使えません。
・示談の内容によっては国保が使えない場合がありますので、加害者と示談する場合は必ず事前にご連絡ください。また、示談成立の場合は示談書の写しを提出してください。


お問い合わせ

仙北市市民生活課国保年金係 電話:0187-43-3316