「小さな国際文化都市」〜市民が創る誇りあるまち〜を目指して
SEMBOKU CITY Official Site
仙北市トップページ > トピックス一覧

トピックス一覧

画像をクリックすると拡大します。

「食彩・町家館」がオープン

2015年5月1日(金曜日)

「食彩・町家館」がオープン
あきた食彩プロデュースが開業を進めていた6次産業化拠点施設「食彩・町家館」が4月19日、旧角館プラザ跡地にオープンしました。1階は飲食と物販に加え、地場産品の加工場を併設した「アグリガーデン」、2階は地元野菜を中心としたメニューにこだわったレストラン「町家キッチン」となっています。
オープン初日は多くの観光客や買い物客でにぎわいを見せ、お目当ての「限定バイキングお花見弁当」などが好評でした。

 

幼保連携型認定こども園スタート

2015年4月15日(水曜日)

幼保連携型認定こども園スタート
4月1日、だしのこ園と神代こども園が、仙北市第1号の幼保連携型認定こども園としてスタートしました。
4月6日に行われただしのこ園の開園式・入園式には、たくさんの関係者が参加してお祝いしました。
入園式では、名前を呼ばれた園児たちが、元気に「はい」と返事をしていました。
4月7日には、神代こども園でも開園式・入園式が行われ、両園とも新しい体制となりました。今後が楽しみです。

 

平成26年度仙北市スポーツ表彰式

2015年3月31日(火曜日)

平成26年度仙北市スポーツ表彰式
"3月15日、角館樺細工伝承館で仙北市体育協会(菅原陽三会長)主催の平成26年度仙北市スポーツ表彰式が行われました。
式の冒頭で菅原会長が「選手、指導者、保護者のがんばりが実り、すばらしい成績につながり、今日の表彰となった。毎日の努力の積み重ねが結果につながる。東京オリンピックもあり、大きな夢を持ってこれからもがんばってください」とあいさつ。
式では、今年度各種大会で優秀な成績を残した選手、団体、活躍した指導者など45人、4団体が各表彰を受けました。各受賞者の一覧は広報4月1日号15ページをご覧ください。"

 

中里のカンデッコあげ

2015年3月13日(金曜日)

中里のカンデッコあげ
3月5日、中里賽之神堂前(桧木内字中里)で行われた中里のカンデッコあげ。朴の木で作った鍬とくるみの木で作った男根を一対にしたものを、神木である桂(市指定天然記念物)に豊作や縁結びなどの願いを込めて投げました。

 

「3月1日(ミンナノイノチ)秋田県いのちの日」キャンペーン

2015年3月6日(金曜日)

「3月1日(ミンナノイノチ)秋田県いのちの日」キャンペーン
3月1日「秋田県いのちの日」は、平成22年に「秋田ふきのとう県民運動」実行委員会が定めた日です。仙北市では2月27日にワンダーモールタカヤナギ店の協力を得て、店頭で「秋田県いのちの日」の街頭キャンペーンを行いました。
傾聴ボランティえくぼの会会員、市職員が、「お父さん眠れている」ロールペーパーとパンフレットなどを配布し、心の健康と自殺予防を呼びかけました。

 

三浦雄一郎・猪谷千春「講演会」IN秋田 『夢を追い続けて』

2015年2月25日(水曜日)

三浦雄一郎・猪谷千春「講演会」IN秋田 『夢を追い続けて』
2月16日、市民会館で三浦雄一郎氏・猪谷千春氏の講演会が開催され、市内中学校の1、2年生のほか、大勢の市民が2人の講演に耳を傾けました。
『夢を追い続けて』と題し、FISフリースタイルスキーワールドカップ秋田たざわ湖大会協賛事業として行われたこの講演会。冬季オリンピックでの日本人初の銀メダリストである猪谷氏と、プロスキーヤーで冒険家の三浦氏が競技や冒険への挑戦を通じて、大きな夢(目標)を描き、決してあきらめず、それに向かって努力と工夫を続けることの大切さを共に語りました。

 

白岩城址燈火祭

2015年2月12日(木曜日)

白岩城址燈火祭
2月7日、「第14回白岩城址燈火祭」が白岩平城を主会場に行われました。
中世、近世の白岩の繁栄を、本町通りや白岩家城址館山参道のかがり火で再現するこの祭り。午後6時、雲巖寺の鐘の音と共に館山参道にかがり火が灯されると辺りは幻想的な雰囲気に包まれました。
打ち上げ花火や火振りかまくら、綱引き大会など多彩な催しに、会場を訪れた皆さんが祭りを大いに楽しみました。

 

「守り、育てる」仙北市の景観を考える

2015年1月28日(水曜日)

「守り、育てる」仙北市の景観を考える
1月17日、「未来に残したい仙北の景観〜みんなで守り・育てる景観〜」をテーマに、仙北市景観シンポジウムが角館樺細工伝承館で開催されました。
当日は「花のある街づくりコンクール」の表彰が行われた後、現在策定中の仙北市景観計画素案の説明のほか、弘前大学教育学部北原啓司教授の基調講演や景観についてのパネルディスカッションも行われ、仙北市の景観の魅力を、皆さんが改めて考える良い機会となりました。

 

第12回あきたふるさと手作りCM大賞にて秋田県知事賞受賞!

2014年12月18日(木曜日)

第12回あきたふるさと手作りCM大賞にて秋田県知事賞受賞!
"12月13日(土)にAAB秋田朝日放送主催の第12回あきたふるさと手作りCM大賞審査会の様子が放送され、その中で仙北市は秋田県知事特別賞を受賞しました。仙北市にとっては初めての受賞となり、CM制作をしていただいた市民の方々、角館高等学校放送委員会の皆さんが、12月15日(月)に市長に受賞報告を行いました。
受賞作品は2014年12月〜2015年11月末まで放送されます。
12月〜2015年3月末までの放送予定はこちらからご覧ください。"

 

ママ・パパ学級

2014年12月15日(月曜日)

ママ・パパ学級
12月3日、妊婦さんとその家族の方を対象にママ・パパ学級を開催しました。今年度3回目となる今回は24人が参加しました。
まず、参加者全員で市立角館総合病院助産師による赤ちゃんのお風呂の入れ方の説明を受けました。その後、パパ達は、人形を使ってお風呂の入れ方を体験しました。また、重さが8.5kgの妊婦ジャケットを着用して、妊婦の大変さを実感しました。
お一人で参加の妊婦さん達は、助産師による母乳育児の説明と栄養士による上手な食事のとり方をみんなで勉強しました。母乳についてのお話は皆さん興味津々で聞いていました。栄養士による上手な食事のとり方については、実際に食事カードを使用して自分のとっている食事内容を並べて、自分の食事を振り返る良い機会となりました。
ママ・パパ学級は年4回実施しています。毎回、パパの奮闘ぶりに感動したり笑ったり、妊婦さん達はみんなでお話しして、とても和気あいあいとした楽しい雰囲気に包まれています。

 

過去のバックナンバーはこちら >> [ 400件中 61〜70件目] >> 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9 - 10 - 11 - 12 - 13 - 14 - 15 - 16 - 17 - 18 - 19 - 20 - 21 - 22 - 23 - 24 - 25 - 26 - 27 - 28 - 29 - 30 - 31 - 32 - 33 - 34 - 35 - 36 - 37 - 38 - 39 - 40 -