「小さな国際文化都市」〜市民が創る誇りあるまち〜を目指して
SEMBOKU CITY Official Site
仙北市トップページ > トピックス一覧

トピックス一覧

画像をクリックすると拡大します。

国民文化祭キックオフイベント テーマソング「僕たちの未来」披露

2013年5月29日(水曜日)

国民文化祭キックオフイベント テーマソング「僕たちの未来」披露
 国内最大級の文化の祭典「第29回国民文化祭・あきた2014」が来年10月に開催されることに伴い、5月26日に仙北市民会館で仙北市「国民文化祭キックオフイベント」が行われました。
 このキックオフイベントでは国民文化祭・あきた2014テーマソング「僕たちの未来」が、仙北市で初披露されました。この曲を、作曲・本市出身の音楽プロデューサーha-j(ハージェイ)さんや県内の子どもたちから集まったフレーズを歌詞としてまとめた本市在住のシンガーソングライター大木彩乃さんらで結成されたスペシャルユニット「AKITA smile-face」により演奏されました。テーマ曲は秋田をイメージした歌詞とリズミカルな元気の出る素敵な曲で、演奏と歌声が会場に響くと大勢の観客から手拍子が送られ、ステージと客席が一体となって盛り上がりました。イベントではこのほか「花かげ会」の大正琴、「高橋キヌ子社中」の手踊り、「ストリートダンス角館スクール」のダンスなど多彩なプログラムが用意されました。

 

鉄道ファンに贈る「レールファンタジー」

2013年5月9日(木曜日)

鉄道ファンに贈る「レールファンタジー」
 田沢湖図書館では4月20日から5月19日まで特別テーマ展示「レールファンタジー」を開催しています。
 秋田新幹線の新型車両導入に合わせて「こまち」と「スーパーこまち」のジオラマ用列車や、関連パネル、秋田内陸線に関連する写真、展示物のほかに子どもたちが自由に遊べるプラレールコーナーもあり、休日には親子連れで賑わいました。
 午前9時から午後5時(月曜日休館)まで開館していますので、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

「笑いの会」が発足

2013年4月19日(金曜日)

「笑いの会」が発足
 平成24年度高齢者の心の健康づくり事業「笑いでいきがいづくり教室」笑いヨガ参加者の卒業生から、「笑いの会」が発足しました。
 この会は、「そこに行くと健康に良いことができ、仲間づくりができる」ことを目的としています。初めての方も参加できますので、詳しくは、仙北市保健課(電話:55-1112)に連絡ください。
(仙北市健康管理センターを会場に月1回開催)

 

第136回秋田県種苗交換会仙北市協賛会が設立

2013年4月17日(水曜日)

第136回秋田県種苗交換会仙北市協賛会が設立
 4月12日、今秋初めて仙北市で開催される種苗交換会を盛り上げようと、市、国、県の行政機関、農業関係団体、商工観光団体関係者などが参加し協賛会が設立され、総会では規約や事業内容、事業費などが承認されました。平成の合併以降、初の開催に取り組むのは、潟上市・にかほ市に次いで仙北市が3例目となります。総会では門脇市長が「仙北市の特色をアピールし、地域経済への恩恵を期待したい」とあいさつしました。
 協賛会では10月31日から11月6日の期間中、大勢の皆さんに来場してもらえるよう、連携を取り準備を進めます。

 

公害防止協定を締結

2013年4月9日(火曜日)

公害防止協定を締結
 角館町山谷川崎上萩ノ台地区での大規模肉用牛肥育団地建設を前に、市と事業者の株式会社秋田仙北夢牧場、肥育団地周辺の黒沢集落、外谷地集落の4者で公害防止協定の調印式が3月28日、市役所田沢湖庁舎で行われました。
 この調印式には、関係者など15人が出席。調定に至る経緯の説明のあと、伊藤淳県仙北地域振興局長立会いのもと、公害防止対策や飲料水対策などの内容の協定書に調印しました。
 調印後、門脇市長は「市は産業の6次化を目指していくが、農業面で大きな象徴となる事業。市民の皆様には事業を町づくりの中心に据えての思いで参画をお願いしたい」とあいさつ。同社の川合昭夫代表取締役は「地域の中心となる畜産業を成功させたい」と述べました。
 同団地では600頭の肉用牛肥育を想定し、今秋までに約200頭の肥育が始まる予定です。

 

国道46号角館バイパス全線6.1キロ開通

2013年3月19日(火曜日)

国道46号角館バイパス全線6.1キロ開通
 3月17日、国土交通省が整備を進めてきた国道46号角館バイパスの角館町雲然から同西長野月見堂までの1.5Kmが完成し、田沢湖小松字羽根ヶ台からの全線(6.1Km)が開通となりました。
 午前に角館防災ステーションで行われた開通式には関係者約100人が出席。佐竹敬久秋田県知事が「角館バイパスの全線開通で、交通渋滞の緩和と歩行者の安全確保が図られ、今後はゆっくりと観光を楽しんでもらえるものと期待している。国道46号は日本海側と太平洋側を結ぶ重要な物流ルート。今後の県民生活や経済活動を支えるうえでもその果たすべき役割はさらに高まっていくものと考えており、本県の発展に向けて極めて重要であると考えている」とあいさつしました。その後、西長野月見堂に移動しテープカットで開通を祝い、午後2時から一般車両が通行可能となりました。
 角館バイパスは、自動車専用道路で、全線開通にあわせ本線の規制速度が70Km/hに引き上げられたことで、走行時の安全性や利便性が向上。また、秋田市と盛岡市を結ぶ「盛岡秋田道路」の一部として広域観光ネットワークを担う道路として期待されています。

 

4市の特産品を相互に紹介

2013年2月22日(金曜日)

4市の特産品を相互に紹介
 「茶文化」をテーマに、本市と岩手県奥州市、静岡県掛川市、岐阜県多治見市の4市が「最高の技 茶文化プロジェクト」を協働で進めることになり、2月6日、「テーブルウェアフェスティバル2013」の会場となった東京ドーム(東京都文京区)で、各市の関係者が出席して発足宣言書の締結式を行いました。
 プロジェクトでは、本市の樺細工をはじめ、掛川のお茶、奥州の南部鉄器、多治見の美濃焼というお茶に関連した逸品を有する4市が、茶文化の継承と普及に取り組み、各市が主催するイベント等でそれぞれの特産品を紹介・販売するなど、相互に販路拡大を図るための活動を進めていきます。

 

西明寺中学校除雪ボランティア

2013年2月12日(火曜日)

西明寺中学校除雪ボランティア
 1月28日、西明寺中学校(田口和典校長)の生徒たちが、地域内の一人暮らし世帯の除雪ボランティアを行いました。
 この活動は地域貢献へ積極的に取り組む姿勢や、地域の皆さんとの交流を通じ敬う心、感謝の気持ちを育むため、毎年全校生徒が参加して行われています。
 担当する住宅に到着した生徒たちは、スコップ、スノーダンプなどの道具を手に、屋根から落ちた雪や家のまわりに積もった雪の除排雪に熱心に取り組みました。参加した生徒は「屋根から落ちた雪は凍って固まって大変だったが、ありがとうと声を掛けられてうれしかった」と感想を述べました。作業後には生徒たちが作った学校の活動アルバムをお家の方と見ながら談笑。交流を深めた地域の方は「子どもたちのおかげで大変助かった。アルバムには気遣いの一言も添えられていてありがたかった」と喜びを語りました。

 

笑いでいきがいづくり教室

2013年1月22日(火曜日)

笑いでいきがいづくり教室
 みんなで笑って、心も体も元気になろうと、中高年のための「笑いでいきがいづくり教室」が1月18日に健康管理センターで行われました。
 市の心の健康づくり・自殺予防対策事業の一環として行われたこの教室には、市民約30人が参加しました。この日の内容は「笑いヨガ」。笑いヨガ・ラフターヨガティーチャーの伊藤晴美先生が笑いのエクササイズ(体操)とヨガの呼吸法を組み合わせながら、参加者と笑い合いました。

 

平成25年仙北市消防出初式

2013年1月9日(水曜日)

平成25年仙北市消防出初式
 1月6日、平成25年仙北市消防出初式が開催され、市消防団員による式典と分列行進が行われました。
 式典に先立ち行われた分列行進では、市役所田沢湖庁舎前から仙北市民会館前まで、沿道の声援を受けながら団員が力強く行進を行いました。
 仙北市民会館で行われた式典で門脇市長は「昨年は雪崩や大雪、爆弾低気圧などの災害に見舞われた。また、猛暑による水不足が深刻化し、消防団員の皆様には、消防水利の確保など大変ご難儀をかけた。より一層の結束を図り、市民の生命財産を災害から守るため、ご精進くださるようお願いする」と式辞を述べました。

 

過去のバックナンバーはこちら >> [ 382件中 101〜110件目] >> 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9 - 10 - 11 - 12 - 13 - 14 - 15 - 16 - 17 - 18 - 19 - 20 - 21 - 22 - 23 - 24 - 25 - 26 - 27 - 28 - 29 - 30 - 31 - 32 - 33 - 34 - 35 - 36 - 37 - 38 - 39 -