「小さな国際文化都市」〜市民が創る誇りあるまち〜を目指して
仙北市トップページ > イベント一覧 > 企画展「自由律俳句展 明治大正昭和の地元俳人を中心に」

企画展「自由律俳句展 明治大正昭和の地元俳人を中心に」

日程

平成29年7月25日(火)〜11月26日(日)

 

イベント内容

企画展「自由律俳句展 明治大正昭和の地元俳人を中心に」チラシ自由律は、短歌または俳句の一様式です。
自由律俳句は在来の十七字の形式を破ったもので、河東碧梧桐・荻原井泉水らが提唱しました。仙北市周辺では、角館町に明治41年「まぼろし吟社」が創立され、これが母体となり後年の新傾向俳句・自由律俳句へと移行していきました。
この企画展では、河東碧梧桐、荻原井泉水、中塚一碧楼が仙北市に訪れた足跡や、今も新しさを放つ当時の地元俳人の作品を紹介し、仙北市やその周辺における自由律俳句の流れを資料約30点とともに展示します。


会場

新潮社記念文学館
(仙北市総合情報センター・学習資料館内)
〒014-0311 仙北市角館町田町上丁23


開館時間

9:00〜17:00(入館は16:30まで)


休館日

毎週月曜日
※9月11日、9月18日、10月9日は開館


観覧料

一般(高校生以上)300円
小中学生150円
※仙北市民は無料。窓口でお声掛けください。

 

お問い合わせ先

新潮社記念文学館 電話:0187-43-3333(仙北市総合情報センター・学習資料館と共通)

ダウンロード