「小さな国際文化都市」〜市民が創る誇りあるまち〜を目指して
仙北市トップページ > イベント一覧 > 仙北市・東北大学大学院環境科学研究科連携協定記念シンポジウム

仙北市・東北大学大学院環境科学研究科連携協定記念シンポジウム

日程

平成29年8月1日(火)15:00〜17:00 

 

概要

東北大学連携シンポジウムチラシ

 独特な温泉資源や希少資源、地熱資源を有する仙北市は、地域社会におけるエネルギー、希少資源による産業振興および教育の充実を図ることを目的とした連携協定を、東北大学大学院環境科学研究科と締結いたします。この協定に基づき、今後東北大学大学院環境科学研究科と仙北市は、それぞれの資源や機能等を活用しながら、連携協力して事業を展開します。
 この協定締結に伴い、記念シンポジウムを8月1日に仙北市にて開催いたします。このシンポジウムでは、東北大学大学院環境科学研究科教教授が仙北市で展開可能な新エネルギー開発や社会システム構築について講演していただき、仙北市の新たな可能性を示していただきます。


開催場所

仙北市田沢湖総合開発センター
仙北市田沢湖生保内字宮ノ後27(仙北市田沢湖庁舎隣)


講演

「地域の資源と新未来 ―温泉水素と希少資源―」
 土屋 範芳(東北大学大学院環境科学研究科 教授)

「燃料電池によるエネルギーの新しい使い方」
 川田 達也(東北大学大学院環境科学研究科 教授)

「人口減少社会での自然共生・里山の循環について」
 香坂 玲(東北大学大学院環境科学研究科 教授)


参加費

無料


主催等

主催:東北大学大学院環境科学研究科・仙北市・仙北市教育委員会


その他

シンポジウム終了後、会費制の情報交換会を予定しております。参加ご希望の方は、事前にお申込みください。
参加費:2,000円。

 

お問い合わせ先

仙北市総務部地方創生・総合戦略室
電話:0187-43-3315 FAX:0187-43-1300
電子メール:sousei@city.semboku.akita.jp