「小さな国際文化都市」〜市民が創る誇りあるまち〜を目指して
仙北市トップページ > イベント一覧 > 追悼館蔵品展 高井有一展

追悼館蔵品展 高井有一展

日程

平成28年12月3日(土)〜平成29年3月31日(金)

 

イベント内容

追悼館蔵品展 高井有一展新潮社記念文学館では12月3日(土)より、10月にお亡くなりになった当館名誉館長 高井有一氏を追悼する「追悼館蔵品展 高井有一展」を開催します。高井有一氏は、1966(昭和41)年に角館町(現仙北市)を舞台とした小説「北の河」で、第54回芥川賞を受賞されました。祖父田口掬汀きくていの故郷で、自身も戦時中疎開した角館町との関わりは深く、しばしば作品の舞台として登場しました。高井氏より寄贈された原稿・自筆資料を中心に、祖父田口掬汀・父田口省吾せいご関連資料を加えた、館蔵品約50点を展示します。


主な展示資料

・自筆原稿「北の河」「雪の涯の風葬」
・自筆資料 色紙「北の河 褪せぬ記憶」
・田口掬汀 書籍『人之罪』
・田口省吾 油絵「晴れた海」ほか


会場

新潮社記念文学館(仙北市総合情報センター内)
〒014-0311 仙北市角館町田町上丁23


開館時間

9:00〜16:30(入館は16:00まで)


休館日

毎週月曜日、年末年始(12月29日〜1月3日)
※祝日は開館


観覧料

一般(高校生以上)300円
小中学生150円
※仙北市民は無料。窓口でお声掛けください。

 

お問い合わせ先

新潮社記念文学館 電話:0187-43-3333(仙北市学習資料館と共通)